「ほっ」と。キャンペーン

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

あなたに恋人がいなくても、「いる」と言うのがいい理由。

c0016141_22295758.jpgしばらく本ネタが続きます。
お金がらみの本はもういいよ、という人は、うってかわって、こんな本はいかがでしょう?

小悪魔セックス

昨年惜しまれつつ引退した(って、我ながら詳しいな)穂花穣による、「二人で一緒に気持ちよくなりたい」男女のためのセックス本です。

個人的には目からウロコ落ちまくりの名著なのですが、内容が内容なので、今回は比較的、ソフトな部分をご紹介します。

(女の子にオススメの小悪魔テクとして)飲みの席では、彼氏がいなくても、とりあえず「いる」と答えてください。
それでも迫ってくる男の人こそ、「本物」だからです。

男の人に言っておきたいのですが、彼氏の有無で口説くかどうか判断している時点で、本当にその女の子に興味があると言えますか?
(中略)
振られる可能性がある子は避ける――わからないでもないですが、私のように、彼氏はいなくても、「いる」と答える小悪魔タイプはけっこう多いのです。女の子は、そう言ったときの男の人の反応を伺っているのです。
彼氏がいる、と言われて、すぐに諦めてしまう男の人は、自分が傷つきたくない、恥ずかしいことを晒したくない、自己中心的なタイプなのだろうなぁ、と思います。
ううう、自己中心的なタイプですか。いや、穂花穣が言うなら、きっとそうなのでしょう……

僕自身、すでに彼氏がいる女の人に粉をかけるというのが、どうも気がすすまないのですが、その何パーセントかは自信のなさの裏返しなのかもしれませんね。

しかし、どうせなら、彼氏が「いる」という女子の攻め方も書いてほしかったなぁ。

次回作はぜひ『小悪魔ラブ』か『小悪魔婚活』を!
[PR]
by aru-henshusha | 2009-02-24 22:57 | 本・出版