ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

強い言葉が、いつも正しいとは限らない。<ヒトリゴト。6>

「内田樹の研究室」で、こんな記事を見つける。

「強い政治的意見」と「弱い政治的意見」

なるほどな~と思うと同時に、これはべつに、政治に関することだけではないよなと思う。

僕自身、このブログでは、しばしば強い意見・強い言葉を使ってしまう。

だけど、それらの強さは、つねに「正しさ」に立脚しているとは限らない。
むしろ、個人的な思い入れ(思い込みともいう)の強さが、その言葉の強さを支えていることが少なくない。

ときおり、そういう僕の意見に、またまた強い意見を持つ人が言葉をかぶせてくるケースがあって、そうなるとコメント欄で字数と時間をムダに浪費することになる。
(強い者同士がぶつかると、落しどころを探るのが大変なのだ)

強い言葉で語る意見にも、私見の枠を出ないものが多々あるということを、自分も含めて再認識しなければならないなぁと、再認識したしだいである。

この一文は弱い言葉で書いたけれど、伝わる人に伝わればいいと思う。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-04-11 11:41 | 不定期なヒトリゴト。