ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

売れる本の帯は、「純愛」「青春」「泣ける」がポイント。

出版業界ニュースリンク050617(booplog)経由で読んだ大森望の日記より。

最近、四六判文芸書の世界では、「帯にミステリーと書くと売れない」と囁かれはじめているらしい。てっきり冗談かと思ったら、「上司からミステリーとは書くな」と言われた編集者はほかにも数人。「純愛」「青春」「泣ける」あたりが売れセンのキャッチで、「ミステリー」と書くと若い読者にそっぽを向かれる――という認識が一般化しつつある模様。

まあ、僕は文芸の人間ではないのでね。
正直、「ああ、そうですか」という感じですが。

「純愛」「青春」「泣ける」だなんて、個人的にはどれも心にひっかからない言葉ですがね。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-06-17 10:52 | 本・出版