ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

別れはたしかに辛いけど、笑顔であなたを見送ります。<ヒトリゴト。13>

噂はやっぱり、本当だった。
うちの会社で一番の売上を上げているあなたが、他の会社へ移るという噂。

でも、あなたの口から、直接そのことを聞けて、僕は嬉しいです。
僕は、笑顔であなたを見送ります。

もちろん、うちの会社にとって、あなたの抜けた穴は大きいです。
加えて、ライバル版元に移るという衝撃は、それ以上に大きいかもしれません。

けれど、それはあなたがもう決めたことだから。
他の人が、何を言っても覆らないことだから。

僕は、何も言いません。

僕が中途採用で今の会社に入ってから、あなたとは何度か一緒に仕事をする機会がありました。
あなたのやり方が勉強になることもあれば、気に食わないこともありました。

だけど、あなたという基準があったことで、僕は一回りも二回りも成長した気がします。

あなたは、この業界で、きっと名を残す人になるでしょう。
そんなあなたと一緒に仕事ができた経験は、僕にとって何よりも大きいです。

別れは、たしかに辛いです。

あなたに、残ってほしい気持ちはある。
一方で、あなたに、もっと広い空を飛びまわってほしい気持ちもある。

もっとも、それは僕のエゴであって、すべてはあなたが決めること(そして、決めたこと)。
その決定を、僕は見守ることしかできません。

今まで、本当にありがとうございました。
そして、今後ともよろしくお願いいたします。

あなたが作った本は、そのうち、何食わぬ顔でベストセラーランキングに載ることでしょう。
そのとき、僕が作った本も、近くに載れればいいなと思います。

それが、僕なりの恩返しです。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-08-17 00:22 | 不定期なヒトリゴト。