ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「子ども」と書くか? 「子供」と書くか? それが問題だ。

普通の人は、思ったほど気にしていないかもしれませんが……

子供(Wikipedia)

上の記事を参考にまとめてみると……

「子ども」と書く派
* 「子供」の「供」の字は、「お供」、すなわち子供が大人の附隨物であると連想させるため
* 神に奉げる「供え物」の意味につながるため
* 「子供」の「供」は当て字なので、漢字に意味はなく、平仮名にすべきである

・「子供」と書く派
* 熟語のひらがな交ぜ書きに対する反発(表外字との交ぜ書きならともかく、供は教育漢字である)
* 「こども」の言葉は万葉集(『萬葉集』「胡藤母」「子等」)までさかのぼるが、「ども」の原義は、「男共」「女共」などと同じく複数をあらわす「ども」に由来し、お供の意はないとするもの(註:ただし、現代においては複数の意は薄れ、「子供」で一つの語となっている。その証拠に「共」ではなく「供」の字を使っていること、「子供達」という表現はあるが「女共達」という表現はないことなどが挙げられる)
* 「子ども」は、罵って「豚ども」「白人ども」「黒人ども」などという時の見下した他称表現「ども」と重なるので、「子供」よりもむしろ「子ども」の方が差別的である

個人的には「子供」と表記するほうが多いかも。
「子ども」だと「子・ども」と誤解されそうなので。

ただ、本を作るときは全体のバランスを考えて表記を選びますがね。
[PR]
by aru-henshusha | 2006-06-03 00:48 | 名言・言葉