ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

もてない男性に必要なのは、「騙し続ける力」である。

この記事を読んで本気で怒っている人もいるようですが、僕はあえてポジティブに考えてみました。

もてない男性はやめたほうがいい(モテる女養成恋愛学校)
ネタ元:はてブ
もてない男性と結婚する女性は人生を捨てています。

世間からダメ人間という結論が出されている、そんな男性と結婚するなんて愚行です。

私には優しいからなんて、とんでもない話です。それはそのもてない男性に騙されているのでは。

それから、念をおしておきますが、ホストのような顔だけの男性をもてる男性と勘違いしないでください。

もてる男性とは、仕事ができ、才能があり、地位や財力がある男性を指すのです。
実際、一見もてない男性が「それなりの女性」と付き合っていたり、結婚していたりするのは、ままあることだと思います。

そういう男性は、この記事の書き手に言わせれば、優しいとか面白いといった<取るに足らないこと>で、女性を「騙している」悪いやつなんでしょう。

でも、もてない男性代表(いつからだ?)の僕としては、こうも思います。
そうやって女性を「騙し続ける」ことができたのなら、それはそれで相手は幸せじゃなかろうかと。


たとえ、「仕事ができず、才能もなく、地位や財力に恵まれない」男性であっても、自分が持ってる優しさ、面白さ、あるいは知識の広さなどで、女性を気持ちよく騙せる可能性はゼロではないと思います。

「仕事ができなくてもこの人は優しいし、そんなこの人と一緒にいられる私は幸せ」と思わせたらしめたもので、あとは、どれだけ騙し続けることができるかの勝負です。

極端な話、まわりから見て釣り合いが取れてなかろうが、女性が損しているように見えようが、彼女を一生「騙せた」のなら、その女性は幸せなまま一生を終えることができるのではないでしょうか?

少なくとも、いわゆる「もてる男性」と結婚して、そのもてっぷりによって浮気をされまくり、後々ポイ捨てされた女性よりも、よっぽど幸せのように僕には思えます。


もてない男性は、もてる男性にくらべて、いろいろと「持たざる者」なのかもしれません。

でも、この世の中に「まったく何も持っていない人」はいないと思うし、彼らの「持ち物」はもてる男性のそれよりも、ときに光り輝いて見えると僕は信じます。


って、さっそく「騙し」に入っているように思われてたりして……
[PR]
by aru-henshusha | 2006-09-29 21:04 | 恋愛・男女