ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

おバカなイグ・ノーベル賞だけど、この研究結果は見てみたい!

おバカな研究も多いですが、以下に引用した3つの研究については詳しく知りたいところです。

「直腸刺激でしゃっくり止める」に、イグ・ノーベル医学賞(cnn.co.jp)
○音響学賞:「爪(つめ)で黒板をひっかいた時に発生する音が嫌われる理由についての実験」で、米ノースウェスタン大学のD・リン・ハルパーン氏とラドルフ・ブレイク氏、ジェイムズ・ヒレンブランド氏の3人に授与。3氏は、黒板を爪でひっかいた時の音が、どうしてこれほどまで、全世界中で嫌がられるのかを研究した。

○数学賞:「グループ写真を撮る際、目を閉じた人が1人もいない写真を撮るためには、何枚撮影する必要があるか」を計算した、オーストラリア国立科学技術研究機構のニック・スベンソン氏とピアース・バーンズ氏に授与。

○物理学賞:「乾燥スパゲティを曲げると、しばしば2つ以上の部分に折れてしまうのはなぜか」を調べた仏ピエール・マリー・キュリー大学のバジル・オードリー氏とセバスティアン・ヌーキルシュ氏に授与。
大人数の集合写真って、目を閉じたり、あらぬ方向を見える人が混じる確率、高いですものねぇ…
[PR]
by aru-henshusha | 2006-10-07 16:50 | ユーモア・ネタ