ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「重版」と「増刷」は、どう違う?

出版関係者にとっては周知の事実でしょうが、読者のなかには知らない人が多いかも……

 【「重版」と「増刷」の違いとは?】 (役に立たない駄話)
ある辞書の奥付に「2006年1月18日第3版第4刷発行」とあ
った場合、「第3版第4刷」とはどういう意味なのだろうか?

「第3版」とは「初版」が発行されてから版を2回改めたという意味。

辞書の場合、「版を改める」とは、時代の変化によって、採用する語句を
削ったり、増やしたりして内容を改定して、印刷の元になる「版」の内容を
変えることを指している。

「第4刷」は、その「第3版」を使って4回目に印刷した本、ということ
になる。

ただし、日本の出版界では「増刷」することを「版を重ねる」という意味
で「重版」ともいう
から話がややこしくなる。
実際、僕も担当の本の増刷が決定したときには、「おめでとうございます、重版決まりました!」と著者の方にお伝えすることがほとんどです。

厳密には、「第2刷の増刷決定しました」というのが正しいんでしょうけどね。

「ゾーサツ」よりも「ジューハン」のほうが、言いやすいし、伝わりやすいという印象があるんですよねぇ……
[PR]
by aru-henshusha | 2006-10-25 15:51 | 本・出版