ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「人は見た目が9割」がウソなら、「8割・2割の法則」もウソになりそうだ。

「人は見た目が9割」というウソ(JanJan)
*ネタ元:はてなブックマーク

上の記事を一言で言えば、「『人は見た目が9割』という本はメラビアンの法則の誤った理解(←意図的かもしれないが)に基づくトンデモ本だ」ということになるだろう。

僕は、件の『人は見た目が9割』を読んでいないので、これについてコメントする資格はない。
が、そもそも「人は見た目が9割」と言い切ってる時点で、<まず、はじめにタイトルありき>の本ではなかったのかなという気がする。

ようは、キャッチーなタイトルが先にあり、それにすり寄せやすい説やら経験やらをまとめて、ハイ一冊出来上がりという程度の内容ではないかということだ。
(そんな「お手軽な本」ではないのであれば、この記述は撤回したいが)

だから、リンク先のような批判を受けても、著者および編集者は痛くもかゆくもないと思う。
それこそ、「新書はタイトルと帯が9割」とほくそ笑んでいてもおかしくない。


ま、それはさておき、この本が「ウソ」だと言われるとしたら、この法則を紹介している本も、<ウソ本>と言われかねないだろう。

パレートの法則


この法則も、メラビアンの法則同様「使い勝手がいい」ので、いろんな本で手を変え品を変え出てくる。

もっとも、

「売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。」
「仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。」

といった勇ましい言い切りのあとに、それを裏付けるデータが示されることは稀である。

正直、「経験上、きっとそう思うよ」というノリで書いている著者も多いのだろう。

まあ、「本の印象の8割なんて、たった2割の真実からできている」ものなのかもしれないが……
[PR]
by aru-henshusha | 2006-11-08 01:38 | 本・出版