ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

夫と妻は、「何を」「どれだけ」話しているのか?

夫婦の会話:1日平均「30分以下」、熟年離婚の危機!?(MSN毎日インタラクティブ)
調査は10月、来年度から始まる年金分割制度に伴い、急増が懸念される熟年離婚についての意識を探るため、生命保険・金融サービスのトップ営業マンらで組織するMDRT日本会(東京)が行った。

夫婦の1日の平均会話時間は66・3分。「今後、離婚する可能性」についての回答と会話時間の相関関係をみると、「可能性はない」と答えた人は平均会話時間が84・0分あったのに対し、「可能性がある」と答えた人は29・4分にとどまった。
この記事を読んで興味を持ったので、他の「夫婦の会話」についての調査も見てみると……

|| 夫婦の関係について ||(JITA)

■ 妻との平日1日の会話時間は1時間位。その内容は「子供の学校の事」「子供の進路や将来の事」「食べ物や料理のこと」が中心

▼クリックすると拡大表示されます。
・妻との平日一日の会話時間について尋ねたところ、「1時間位」が6割弱を占めた。
・妻との会話内容について尋ねたところ、「子供の学校の事」(46%)、「子供の進路や将来の事」(44%)、「食べ物や料理のこと」(42%)がトップ3となっており、子供の事が中心となっていることがわかる。
この調査は、お子さんのいる回答者が多かったのか、こんな結果に。

子どもがいない夫婦は、やはり「妻」の話題が中心になるんでしょうかねぇ。

『夫婦の時間』アンケート(シチズン)
<夫婦の会話時間>
平均時間では夫92分、妻93分とほぼ一致しました。休日の会話は90分程度というのが平均的な夫婦のようです。
ちなみに30代以下と40代以上で差が見られ、『3時間以上』会話している夫婦は、30代以下では3割強(夫32.4%・妻33.3%)もいますが、40代以上では2割弱(夫15.9%・妻19.6%)です。
こちらでは会話時間の平均が90分以上に跳ね上がってますが、あくまで休日の会話時間ということでしょうか。

年を重ねるにつれ、会話時間が減るのは、仕方ないといえば仕方ないような。


いずれにせよ、会話するか・しないか(できるか・できないか)は、夫婦の仲を判断するバロメーターではないかという気がします。
[PR]
by aru-henshusha | 2006-11-22 15:38 | ランキング・アンケート