ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

選ぶべきは、正しい道か? 楽しい道か?


DODAの業界レポート DODA特別インタビュー! 新庄剛志さん
もし人生に二つの選択があって、「正しい道」と「楽しい道」を選ばなければならなくなったら、100人中95人くらいは「正しい道」を選ぶと思うんですね。でも、その正しい道は、ぼくから見ると無難なんですよ。
ぼくだったら、正しい道よりも「楽しい道」を選びたい。それが最終的には正しい道だと信じているんです。だから自分がやりたいことをやるんです。ぼくの場合は、3年。3年集中してやってみると、気持ちに区切りをつけられるんです。
AとBというチームがもしあったとして、Aはすごい金額を提示してくれるけど、楽しいかどうかわからない。Bは金額はそこそこだけど、すごく楽しそう……といった場合、自分にとってはBの道を選んだほうが、3年後にはAを超えてしまうと思うんですよね。
実際の人生には単なる「正しい道」と「楽しい道」というのは出現しないかもしれません。
たとえば、「安全だけど、無難な道」と「危険だけど、面白そうな道」とか。

僕の場合は、ずっと後者を選びたくて、選べないままきたような気がします。

ただ、年をとればとるほど、危険だろうとなんだろうと、「楽しい道」を行きたい気持ちが強くなっています。
その道を選べるチャンスが、日に日に少なくなっているような気がしてるから。

今年の抱負は、一本でもいいから、「楽しい道」を選ぶことにしようかな。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-01-02 00:03 | 名言・言葉