ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

宮崎駿の「のの法則」は、出版界でも通用するか?

ジブリファンの人には有名なのかもしれませんが、こんな法則があるのだとか。

のの法則(Wikipedia)
のの法則(ののほうそく)は、宮崎駿監督作品の映画タイトルに対して、日本テレビ映画事業部長の奥田誠治が発見した法則である。

宮崎監督作品のタイトルに「の」が入っていることが、ヒットの秘訣であるという。なお、高畑勲監督作品の場合は「ほ」が入るとのことである。
実際、リンク先を見ると、軒並み「」が入っているんですよねぇ。

ところで、ここでふと思ったのですが、本のタイトルにも「のの法則」が当てはまったりしないのか?
ためしに、2006年のベストセラー20作品を見てみると……

国家品格
ハリー・ポッターと謎プリンス
えんぴつで奥細道
おいでよ どうぶつ森 かんぺきガイドブック
法則 人生どんな問題も解決する魔法ルール
おいでよ どうぶつ
生協白石さん
超バカ
容疑者X献身
食品裏側 みんな大好きな食品添加物

の10作品に「の」がありました。

まあ、これが15、6作品であれば、出版界でも「のの法則」健在、
なんて言えるのかもしれませんが、ちと微妙な割合でしょうか。

当ブログも「のの法則」に当てはまっているのですが、
大ブレイクにはほど遠いですなぁ……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-01-08 01:00 | 本・出版