ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「エッチ大」と呼ばれるのが嫌だった英知大学、いつの間にかH雑誌を作ってなかった英知出版。

見出しだけで、言いたいことは、ほぼ言ってしまったのですが……

もう「エッチ大」とは呼ばせない 英知大学が校名変更へ(asahi.com)
カトリック系の英知大学(兵庫県尼崎市、学生数850人)は08年度から、名称を「大阪聖トマス大学」と改めることを決めた。

62年の前身の短大設立以来、聖書にも出てくる「英知」を使ってきたが、「エッチ大」と学生がからかわれることや、インターネットで検索するとアダルト系雑誌の発売元の英知出版がヒットすることが学内で問題になっていた。担当者は「高校生が志望校をネットで検索する今、イメージは重要で、対応が必要と判断した」と話す。
この記事にあるように、英知出版がアダルト系雑誌の「発売元」であることには変わりません。

でも、細かいことを言えば、その雑誌を作ってるのは、いちおう別会社なんですよねぇ。
(僕も今回調べて知ったのだけど)

英知出版(Wikipedia)
主に男性向け雑誌、特にアダルト系雑誌、グラビア雑誌の発行元として知られているが、現在は男性向け雑誌の発行元は株式会社ジーオーティーに移行。趣味・実用系の雑誌・書籍の発行が中心である。

英知出版HP(自社の発行物しか乗っていないので、いたって健全)

そもそも、エロ本売ってる版元と名前がかぶってるからといって、「問題」というのは大げさすぎる気もするのですがね。
(単に自分が、「Beppin」「デラべっぴん」に、お世話になった世代だからかもしれませんが……)

「英知」という言葉は、そんなにヤワなもんじゃないだろうと。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-01-13 17:16 | 本・出版