ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

男性必見! 男の乳首の正しい鍛え方。

むろん、女性が開発してあげてもいいわけですが……

少子化問題も2007年問題も乳首を鍛えれば乗り切れる!?…News X(Yahoo!ニュース)
(注 「できる男は乳首で決まる」の著者の)松屋さんは今年で67歳。40歳過ぎから下半身の衰えがやってきたという。そこから、自分の体で新たに性感帯となる部分を探し始め、乳首にたどり着いた。「乳首を鍛えあげることによって、下のほうも元気になってきた。連動しているんですね

乳首を開発するうえで、ポイントは「引っ張って出し、作っていくこと」だという。松屋さんの乳首も当初は、直径2、3ミリの小さなものだった。それが今や普通の状態で6ミリ、“勃起(ぼっき)”状態になると1センチほどに膨れあがるという。「乳輪は関係ないです。あくまで乳首の話です」

とりあえず、乳首をつまんでみよう。「そのとき、乳首の根元のほうに力を入れて、先を丸くするような形にする」ことがコツだという。1回につき1、2分でもいいので「毎日継続して行うことが大切」だ。ある程度、感じるようになるまで3か月はかかるという。

上級者編もある。涙が出るほど、思いっきり乳首をねじりあげる手法だ。トップアスリートが、過酷なトレーニングで一度、筋肉組織を破壊し、新たな筋肉を作りあげるやり方に共通する。「苦しく痛い。それが後でたまらなく感じてくる。つらく続かないこともあるので、少しずつつまんでいきましょう」
う~ん、鍛えるとそれに比例して、乳首も大きくなるようですね……
くわえて、上級者編の痛そうなこと(実際は痛キモチイイのかもしれませんが)。

生半可な気持ちでは、「感じる乳首」はできないようです。

関連記事:噂の「男の乳首本」は、前のカバーのほうがいいなぁ。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-01-21 03:15 | エロ