ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

韓国では、「ナンパ」を「作業」と呼ぶらしい。

記事を読むと、なかなか使い勝手のいい言葉のようで。

日本語の「ナンパ」を意味する「チャゴブ(作業)」(KBS WORLD Radio)
*注 このURLはしばらく経つと、違う記事に差し替えられます
韓国で「チャゴブ」は 「好感を抱いた異性に接近する過程で必要なすべての種類の努力」に対する包括的な意味で使われている。
日本語で「ナンパ」、「粉をかける」にあたる。

それでは例を見てみよう。


1 接近段階(最初のボタンをかける努力)
1. 왜 자꾸 날 쳐다보지…지금 작업하시는 거에요?
なぜさっきから私を見てるんですか…チャゴブしているつもり?
                    
2. 어제 그 남자 니 옷에 커피 엎질렀잖아..그거 작업이야.
昨日、あの男があなたの服にコーヒーをひっかけたじゃない…
あれチャゴブよ

2 進行段階(恋人として互いを認めるまでの過程)
3. 데이트할 땐 무조건 칭찬부터 시작 해. 그게 작업의 정석이야.
  デートの時には無条件ほめまくるように、それがチャゴブの定石だよ。

4. 일단 키스까지만 가. 그 다음 작업은 저절로 풀려.
  一旦、キスまで行け。その次のチャゴブは自然と進むから。

3 完成段階(性的な暗示としての意味)
5. 왜 이리 전화를 안 받아…작업중인가?
   なんで電話に出ないんだ…チャゴブ中?(お取り込み中?)
(いつも真夜中に電話をかけてくる友人が急に電話連絡ができないときに)

6. ‘야간작업’ 이라면 김대리한테 물어봐, 완전도사 거든…^^
 「夜間のチャゴブ(作業)」については金代理に尋ねるといい、完全に達人だから…
それにしても、「好感を抱いた異性に接近する過程で必要なすべての種類の努力」とは物々しい表現ですね……
自分はまだまだ「作業」が足りないようで。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-03 02:17 | 名言・言葉