ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「遠仁者疎道 富久者有智」を、何と読む?

予備知識なしでスラスラと読めた人、尊敬します。

漢字が気になる春なのよ(毎日が発見 編集部日記)
さて、今日は漢字のお話です。
書家の尾崎洋子先生に面白い文字を教えていただきました。

   遠仁者疎道
   富久者有智

これで「おにはそと ふくはうち」と読むのだそうです。
意味をとれば、「仁に遠き者は道に疎し 富に久しきものは智有り」となります。
漢字って、面白いもんですね。
この言葉で検索をかけたら、これをモチーフにした富岡鉄斎の書を見つけました。

書のデザイン 書の名筆Ⅲ [書道](書を楽しむ)

漢字って、面白くて、なかなか楽しいです。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-04 23:21 | 名言・言葉