ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「ベストセラーの条件」は、けっきょく人それぞれである。

あえて、個人的論考は控えますが……(たんに多忙なだけだったりする)

伝説の編集者・見城徹の「ベストセラーを生み出すための四つの必要条件」(活字中毒R。)
僕はつねづね、売れるコンテンツ(本であれテレビ番組であれ何であれ)は四つの要素を備えている、その必要条件を満たすものは必ずヒットすると思っています。
 (1)オリジナリティがあること。
 (2)明解であること。
 (3)極端であること。
 (4)癒着があること。


目指すもの(ひでむす)
で、、ベストセラーの条件って知りたいでしょ?はい、下記のものがベストセラーの条件だそうです。
 1、著者ブランドの確立
 2、世の中のニーズをとらえたコンテンツ
 3、適切な出版社・編集者選び
 4、世に広めるためのメッセージ・コピー
 5、市場の集中度合い
 6、適切なマーケティング

*注  出版マーケティングコンサルタント・土井英司氏の理論


あ、あと忘れちゃいけない山田さんのこれ。

ベストセラー考(1)(2)(3)
*注 とくに「読者ターゲットの設定」の重要性が説かれている


僕も飲み会・勉強会等で、いろいろな版元の売れっ子編集者に会うのですが、正直、言っていることは人それぞれです。
(もちろん、共通する部分もあるけれど)

一番大事なのは、借り物ではなくて、自分自身の得意な「」を見つけることではないでしょうかねぇ。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-04 02:10 | 本・出版