ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

有名人に、「さん」づけは必要か?

じつは僕も、ずっと気にしてた問題です。

問題59 有名人の名前をブログで書く時‥‥(ほぼ日刊イトイ新聞 - ややこしい問題。)

上のリンク先では、

  「有名人の名前をブログで書く時、

  A:基本的に「さん」はつけない

  B:できるだけ「さん」をつける

でアンケートをとっていて、<基本的に「さん」はつけない>が僅差で多い結果となっています。


僕自身、このブログで有名人の名前を書くときは、できるだけ敬称略で書いています。

たとえば「山田真哉」がらみの記事をこれまで何本か書いているのですが、ごらんのとおり、見出しでは思いっきり呼び捨てです。
  (参考1)→山田真哉の新作タイトルを、「プロ」として分析してみる。
  (参考2)→山田真哉の決断は、たぶん正しい。

これはべつに、山田真哉氏を軽んじていたりするわけではないんです。

1つには、「さん」づけすると、見出しに勢いが出なくなるという理由がある。
そしてもう1つは、「さん」づけ(あるいは「先生」づけ)すると仕事上でかかわりがあると思われそうだから。


これまでにも書きましたが、僕は山田真哉氏とは面識がありません。
ただ、こういう業界にいるものですから、ちらほら噂も聞こえてくるし、普通の読者よりは彼について詳しいでしょう。

だからこそ、ある程度距離をおいた表現をとらないと、担当編集と間違われる可能性もある。
(この場合、僕よりも担当編集の方にメイワクがかかると思います……)

というわけで、山田氏はじめ著者の方も、その他有名人の方も基本的には、敬称略でやっています。決して偉ぶっているわけではないのです……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-15 00:53 | 名言・言葉