ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

出版業界も、「続きはWEBで」の時代らしい。

推理小説が解けない!答えはWEBで!の本登場(Ameba News)
最後まで読んでも謎が解けないという推理小説、『ノー・ソリューション ―解決編のない推理小説―』が、ふくろう出版より発表される。

では、どうやって謎を解くのか。その解決方法は、CMなどでもおなじみのWEBを連動させる手法だ。同書内に記載されているアドレスにアクセスし、ストーリーに関連するクイズをクリアすれば、解決編ページへいくことができる。
ノー・ソリューション(ふくろう出版)

たしかに新しい試みだとは思うのだけど、個人的には「微妙」の一言。
僕はどうしても、本は本で完結してほしいタイプの人間なので。


ちなみに、ビジネス書の世界では、新刊発売キャンペーン等とからめて、本には載せきれなかったノウハウをpdfファイルなどでダウンロードする企画がよくある。

ただ、「本には載せきれなかった」と書いてあっても、ボツになった原稿の再利用の場合もあるんだろうけどね……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-29 03:00 | 本・出版