ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

どうして鬼は、来年のことを言うと笑うのだろう?

今日、著者の方へ「来年のことを言うと鬼に笑われそうですが……」というメールを打っているさい、浮かんだ疑問です。何でも諸説あるようで……

「来年の事を言うと鬼が笑う」のはなぜ?(スナックハーモニー・厚木)
怖い鬼が笑う説
鬼とは怖い物の代表と考えられます。
来年の事など誰も分からない、それを云々と語ると、その怖い鬼でも、
人間て馬鹿だなとあざ笑うという説。

鬼が寿命を知っている説
人の寿命を鬼が知っていて、自分の寿命も知らないのにあんな事言ってる
とあざ笑っているという説。

暦が作れない説
昔は、春分/秋分の日を正確に知ることが出来なかったので、来年の暦を
早い時期から作れなかった。今でも、遠い何十年も先は分からないらしい。
四年に一回の閏年だけで計算できないみたいです。
だから、来年の事を言うと暦も作れない人間が何を言っているのかと鬼が
あざ笑っているという説。

鬼の豆まき説

*長いのでリンク先で確認ください

鬼の歯折れ説
*長いのでリンク先で確認ください
ちなみに鬼に笑われようが構わん、という勢いでメールしていたのは、来年受け取る予定の原稿のことです。今年中に受け取れるのなら、それが一番いいんですがね……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-12-25 22:06 | 名言・言葉