ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「どうしても編集者になりたい!」という人が、採用面接ですべき3つの質問。

これは、たしかに効果的。ただし、労働条件がしっかりした会社でやると逆効果かも。

編プロの入社試験に合格する方法(「編集プロダクション アプレ」のブログ)
ところで去年の秋頃、スタッフの友人が「編プロでの就職活動に苦戦している」というので相談に乗ってあげました。
その際、3つのアドバイスを送ったのですが、その甲斐あって東京の某編プロから内定をもらえたそうです。
ネットを通じて声をかけると「あのアドバイスがあったからです」と言ってくれました。

さてさてアドバイスの内容ですが「面接時、以下の内容を質問するように」というシンプルなものです。

①残業代とかいらないので残業してもいいでしょうか?
②早く仕事を覚えたいので休日出勤しても大丈夫でしょうか?
③給料とか別に要らないんですけど、受け取らないといけないのでしょうか?


冗談じゃなくマジです。
採る立場の心理は
(面接の時だけ調子のイイこと言って後で「残業代は?」「昇給まだ?」「休日出勤!?絶対イヤですよ」とか言うんじゃないか?)
というのを恐れているんですよ。

だからその不安をコチラから解消してあげると心証が格段に良くなります。
就職本で「労働条件は堂々と聞いていい」と書いてありますが、あんなモン真に受けちゃダメです。
業界外の人から見れば、これらの質問には「そんなムチャな……」と言いたくなるかもしれません。

しかし、僕自身、もともと編プロ(編集プロダクション=出版社の下請)あがりの人間なので、上の3つの質問は、あながち冗談とは言えないと思います。

実際、僕がいた会社も、「残業代なし、1日平均14時間拘束、休日?何それ?」といった環境でしたし……


ただ、前にも書いたかもしれませんが、「編集者になる」ことを本気で目指すのであれば、版元だろうが編プロだろうが、この業界に潜り込むことが第一だと思います。

僕のように、編プロで経験を積んで、その後、出版社に転職するという例も意外とありますしね。


もっとも、③の質問を額面どおりに受け取られて、本当に給料が払われなかったら、さすがにキツイですが……
[PR]
by aru-henshusha | 2008-01-26 16:02 | 本・出版