ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

人気ケータイ小説が今すぐ書けるようになる、7つの魔法のキーワード。

c0016141_13222631.jpgいただいた本から、面白いネタをひろいました。

ネタ元は、ソフトバンクパブリッシングの編集者さんから、2冊送られてきたうちの1冊(もう1冊は土日に拝読します)。

なぜケータイ小説は売れるのか

この本の冒頭に、人気ケータイ小説に共通する、
7つのキーワード(本文中では「大罪」)が整理されていました。

以下に、それらのキーワードを転記します。()内は僕の補足です。

●人気ケータイ小説が今すぐ書けるようになる
7つの魔法のキーワード


①売春
(売春といっても「援助交際」がメイン。最近では女性がホストを「買う」パターンもあるとか)

②レイプ
(実際には「輪姦」がほとんど。ちなみに、『恋空』は、上巻34Pで普通のセックス、
42P目でいきなりレイプ、というハイスピード展開らしい)

③妊娠
(レイプ、あるいは彼氏とのセックス後に高い確率で。「中絶」という選択肢は、ほぼない)

④薬物
(東京が舞台の小説だと覚せい剤なども登場するが、地方が舞台だとシンナーどまりだとか)

⑤不治の病
(主人公の彼氏・彼女は高確率で死ぬそうで。しかも病名はガンかエイズ……)

⑥自殺
(ただでさえ病死が多いのに、自殺も頻繁に起こるのだとか。
これくらい人が死んだほうが「リアル」なんですかね?)

⑦真実の愛
(①~⑥の苦しみを一気に帳消しにしてくれるのが、彼氏や授かった命により目覚める
「真実の愛」なんだそうで。意外とクラシックなオチなんです)


これらのキーワード(テーマ)をドンドンぶち込んでいけば、
誰でも簡単に、ケータイ小説らしきものが書けそうです。


そんなこといっても、そもそも、「ケータイ小説の文章」の書き方がわからない、
という人はこちらを参考にしては、どうでしょう?

ケータイ小説のガイドライン(アルファルファモザイク)

でも、この「文体」を真似するの、意外と大変かも……


*当ブログへの献本は、以下のルールに則っていただける限り、歓迎いたします。
当ブログへの「献本ルール」を、ここらでハッキリ決めようと思います。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-02-14 13:26 | 本・出版