ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

出版業界を目指すなら知っておくべき、「編集者マグナ・カルタ」とは?

たまには、出版業界を目指す学生さんに役立つ(かもしれない)記事でも書いておきましょう。

というわけで、最近、雑誌で見つけたこちらの金言をご紹介。

編集者マグナ・カルタ九章
読め。
耳を立てろ 。
眼をひらいたまま眠れ。 
右足で一歩一歩歩きつつ、左足で跳べ。
トラブルを歓迎しろ。
遊べ。
飲め。
抱け、抱かれろ。
森羅万象に多情多恨たれ。
補遺一つ。女に泣かされろ。


(「日経ビジネスアソシエ08年3月18日号」より)


これは、開高健氏が、旧知の編集者が雑誌(注 「週刊プレイボーイ」)の編集長になったときに贈った言葉なのだとか。

一見、本作りに関係ない教えもあるように見えますが、編集という仕事に関わった人間なら、これらの言葉の重み(そして、あたたかさ)は、よくわかると思います。


ただし、出版社の面接で、この「マグナ・カルタ」について熱く語ったりするのは、逆効果かもしれません。
平社員の僕が言うのもなんですが、出版社が求めているのは、あくまで自分の言葉で語れる人間だと思うので。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-03-10 12:51 | 本・出版