ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

日本人は正直なのか? それとも、バカ正直なのか?

c0016141_0381713.jpg著者直々に献本いただいたにもかかわらず、紹介までだいぶ時間がたってしまい、すみません。

この時期にこの本を紹介する自分が、いちばん「バカ」な気がしないでもありませんが……

世界のエイプリルフール・ジョーク集
*しかし、書影がカスタマー画像って……。中公さん、大丈夫?



さて、この本には、タイトルからも推察できるように、世界中のメディアで発表されたエイプリルフール・ジョーク記事が、数多く収められています。

珠玉のネタの数々は、ぜひ本で確認していただきたいのですが、そのうちいくつかはネットでも見られるようなので、ここでは二つだけリンクをはっておきます。

・スパゲッティの収穫風景
世界で騙されたエイプリル・フールのネタ─史上トップ3

・グーグルの強さの秘密はハトにあり
高品質な検索結果を実現する Google のテクノロジー

*本当は東京新聞の恒例のエイプリルフール記事も載せたいのですが、ほとんどリンクが残っていないようなので残念


本には、これ以外にも、「ブッシュ大統領の愛娘、枕投げ戦争に派兵」「日銀が二千円札を千九百円で販売」なんていう“笑激”ジョークが満載です。


ところで、わが国の国民性なのでしょうか。
本書には、こういったエイプリルフール・ジョークに、みごとかつがれた日本人の話が出てきます。

引用するには長いので、はしょって紹介すると……

ある年、「Japan Times」が<近い将来、氷河期がやってくる>という記事を(もちろん、4月1日に)掲載。

数日たったのち、発行元に計3本の電話がかかってきたのだとか。

1本目:冷凍関連会社の社員から、記事中の地名に関する問い合わせ
2本目:エアコン製造会社社長から、記者とコンタクトを取りたいというお願い
3本目:某国会議員の命を受け、気象庁から発表全文のテクストがほしいとの要請

みなさん、記事を本気にしてしまったというわけです。


う~ん、日本人は正直なのか、むしろバカ正直すぎるのか。

東京新聞が初めてエイプリルフール企画をやった際にも、「新聞はウソを書くな」という抗議と非難が殺到したようで、良くも悪くも生真面目すぎるんではないかなぁと思います……。

なお、著者ブログには、本に収まりきらなかったエイプリルフール・ジョークが今も紹介されているので、興味がある方はご確認を。

April Fools World


あと、著者の方から本書について忌憚なき感想をといわれているので、一言だけ。

個人的には、もうちょっと著者の意見(ツッコミや裏話)が、本に入っていたらよかったのではないかと思います。

もちろん、ページをおさえつつ、できるだけ多くのネタを入れたい、という理由でこういう本作りを選んだのでしょうが、一つ一つのネタが長いので、もっと地の文で一息つける構成でもよかったかなぁと。

とはいえ、惜しみなくネタをつぎ込んだ姿勢には脱帽です。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-04-14 01:31 | 本・出版