ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

『私鉄探検』を、生粋の「私鉄っ子」が読んで感じたこと。

c0016141_2231946.jpg担当編集者から献本いただきました。
だいぶ時間があいてしまったので、ひたすら申し訳ないです。

私鉄探検

さて、本書は一言でいえば「私鉄の沿線文化」を取り上げたガイドブック。

取り上げられている私鉄沿線は、西武、京王、京急、近鉄、阪急・阪神などですが、何を隠そう、僕は西武線沿線の生まれなんですよねぇ。


くしくも本の第1章が「西武鉄道」について書かれていて、期待と不安(?)を胸に読み始めたのですが……


読んで改めて思ったのは、「私鉄」って「私(たち)の鉄道」なんだなぁということ。

僕の例でいえば、子供のころから他の電車の沿線に引っ越すまで、とにかく西武線ばかり乗っていたんですよね。
とくに、大江戸線が開通するまでは、西武(池袋)線沿線の人って、盛り場が基本的には池袋しかなくて、買物するにも映画観るのも、黄色い電車に乗り込んで。

だから、西武線(沿線)には愛着があるんです。
その分、この本には「人より楽しめるところ」と「人より楽しめないところ」が同居していて。


たとえば、本書では西武線を語るのに「キャラクター」というキーワードを持ち出して、手塚治が長い期間西武線沿線に住んでいたとか、所沢のあたりの地名や風景が「となりのトトロ」のモデルになっているとかといったエピソードが語られます。

それらの話に、「ああ、あそこね」とか「知ってる、知ってる」と膝を叩く自分もいるのですが、同時に、臨死!!江古田ちゃんで注目されだした江古田駅についても書いてほしかったなぁとか、そもそも池袋の街の変遷とかも興味があるんだよねぇ、と思う自分もいて。

それもこれも、「私の鉄道」にまつわる本だから、ついつい気になってしまうと思うんですけどね。
その意味では、本書を純粋に楽しめるのは、もしかしたら「公鉄(?)っ子」なのかもしれません。


*当ブログへの献本は、以下のルールに則っていただける限り、歓迎いたします。
当ブログへの「献本ルール」を、ここらでハッキリ決めようと思います。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-09-15 22:54 | 本・出版