ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2005年 10月 ( 151 )   > この月の画像一覧

事あるごとに書いているのだけど、僕は「非文芸」の編集者である。
前の会社でも今の会社でも、「非文芸」の書籍ばかり作っている。

なので、こういう話を読むと、まるで異次元の世界で起きているお話のように思えてしまう。

校正出し20回なんて、考えたくないや(未公認なんですぅ)

文芸系の本では、文体(文のリズム)こそが著者の個性。どんな理由があるにせよ、リズムにこだわって書いた原稿に勝手に手を入れられては、そこでリズムの狂いが生じ、「自分が書いた本」として自分の名前を出せなくなってしまうのだとか。

だから、校正紙を出す前に「プリ校正紙」のようなものを用意し、明らかな誤字脱字や漢字の開く・閉じるの統一をするといったこと以外の、文章そのものに手を加える場合はすべて、プリ校正紙上に鉛筆で「提案」というかたちで書き込み、その提案を採用する・しない、あるいはそれを受けて文章を書き直すなど、すべて著者にやってもらったうえで校正紙を出すんだとか。


なるほど、文芸ってのはこういう世界なのねと感心するが、「非文芸」の世界の住人にはこんなことは物理的に不可能だろう。

まずは頂いた原稿をデータ上で校正し、ゲラを出したときにその時点での疑問、内容確認などを明記して最大1週間程度で著者からゲラを戻してもらう。

そのやりとりを2回(ときには1回)で終わらせないと、「非文芸スケジュール」はとてもじゃないがこなせないと僕は思う(何せ、年間10点、20点は珍しくない世界だから)。

こういう言い方は悪いが、たった一文字トル・トラナイで意見を交わしている暇はない。
(もちろん、文芸はその「たった一文字」を大事にしなければいけない芸術だと、僕も思っているけれど)

ちなみに、たった一文字で思い出したけど、とある大物著者の文章から黙って「」を削除して、クビになりかけた文芸編集者の話を聞いたことがある。

その編集者、もともと「非文芸」出身だったんだよね。

郷に入っては郷に従えとは、まさにこのことか。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-31 21:54 | 本・出版
これから書くのは仕事のグチなので、興味のない方はスルーしてください。

先日、とある人から「この領収書、経費で落としてくんない」と言われました。

でも、その領収書、僕は心当たりがまったくないんです。
「何の領収書でしたっけ」と訊いたら、「いや、こないだ**さんと飲んだからさ」との一声。

**さんってのは、僕がしばらく前にお仕事をした著者の方。
で、僕に領収書を押し付けたのは、その著者と僕の間に立つ人というか、割り込んできた人というか(う~ん、うまく説明しづらいな)。

まあ、それはともかく、こちらとしては納得いかないわけですよ。

そりゃあ、その著者には確かにお世話になりました。

けれど、その打ち上げはきちんと済ませたし、その本の経費の〆はとうに終わってるし、ましてや僕は今回の飲みには呼ばれてもいない。
ようするに、その「領収書男」が勝手に著者と飲んだ尻拭いを、なぜこちらがしなきゃならないのか。

仮に、僕がその場にいたら、そこで次の企画を相談したり、多少であっても仕事にはつなげられる。
でも、彼は著者といい気になって飲んで、もっと言えば、その著者により食い込もうとしだけの話。

そんな自分のためだけに飲んだ酒代を、こっちにつけようとするんじゃない。

僕はお前の財布じゃないし、会社の金も当然お前の金じゃない。
自分の息子とさほど変わらぬ年の人間に金をたかって、恥ずかしくないのかね。

書いてせいせいするかと思ったら、かえってむなしくなってきたよ。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-31 21:22 | 本・出版
~エロトリビア~ 『生物』によれば、

性交渉時間が一番長いのはガラガラヘビで22時間45分

だそうです。

ほぼ一日中なわけですが、感動するというか呆れるというか。

ちなみに同じサイトには、

チンパンジーは平均3秒で射精する

とのトリビアも。

う~ん。どちらも極端ですねぇ(あくまで人間から見ればですが)。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-31 16:50 | 動物・植物
人間は1000年生きられる? 英研究者の科学的予測(livedoorニュース)

この博士の主張の信憑性からしてよくわからないのだけど、それ以前に、本当に「1000歳まで生きたいか」という問題があるような。

もしも寿命が1000年だったら、100年生きても若造ですよ。
300歳年上の人とかと、どう話をあわせればいいんだろう?

「俺らの若いころはさ~」って、3世紀前の話とかされた日には困りますよねぇ。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-31 12:38 | カラダ・健康
僕が毎日見ているサイトの一つ、「FujiSankei Business i.」に「お騒がせ★ブログ特派員」というコーナーがある。

リーダー格の女の子が、毎回「**のケーザイ」(媒体が経済紙なので)というお題を出して、それにそってお仲間の女子大生がブログを書いていくというスタイルだ。

と、前置きはそこまでにして、そのブログがすごいんですよ。

読むたびに思うんだけど、「ケーザイ」についてはほとんど語らぬまま筆を進め、最後の最後で無理やり「ケーザイ」の話にもっていくという、「超力技スタイル」。
この話ははたしてケーザイに着地するんだろうか、と見ているこちらがドキドキしてしまう。

たとえば今日の記事なんて、「ドキッ☆ランジェリーのケーザイ」というお題で、延々Tバックの話が続いて、ケーザイについて語っているのはわずか1行ですよ。

Tバック効果

これはもはや、一種のメソッドと呼んでもいいでしょう。
自分の不得意分野の原稿を引き受けてしまったライターさんなど、参考になるかもしれません。

ただし、これを何度もやっていると確実に干されますが。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-31 11:31 | 名言・言葉
ウルトラ100兄弟

オリジナリティあふれるウルトラマンでいっぱいです。

とても全部は紹介できませんが、1.ウルトラハイレグレスラー、4.ウルトラマン ヘルプ、14.ウルトラマンシャイ、294.ウルトラ家宅捜査あたりがツボでした。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-31 00:10 | ユーモア・ネタ
道路標識の新解釈というサイトに、

勝手に標識

というコーナがあって、自分の標識を作ってくれます。

論より証拠で、僕の標識を作ってもらいました。

c0016141_2339521.jpg(解説)
見知らぬオジサンとある編集者
そういえばある編集者はアイスを買ってもらえる見知らぬオジサンに付いて行った


このあとオレ、どうなっちゃうんだろう……
(まさか、ミスティック・リバーみたいに……)
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-30 23:41 | 占い・判定
最近、ひそかに注目している「All About」の「巨乳になるぞプロジェクト」。
その最新記事がアップされていました。

巨乳になるぞプロジェクト第3回~バストアップのためのブラ選び予告編

いわゆる「寄せ上げ」系のブラジャーの効用が紹介されているのですが、背中のほうの肉までかき集めにゃならんとは、女性の大変さがしのばれます。

ちなみに、男の場合、寄せても上げても、何の変化もありません。
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-30 22:15 | ファッション・美容
もちろん、ドアを開けないのが一番なんですが、もしも開けてしまったときには、下の記事が参考になるかも。

しつこい新聞勧誘を上手く断る一言があれば、どなたか教えてください。(Yahoo!知恵袋)

なお、いま思ったんですが「自分、**新聞の記者なので」という言い訳も効くかもしれません。

でも、新聞記者って、実際にはどこの新聞読んでいるんだろう?

(特オチを確認するために他紙も読むと思うんですが、あれは会社で読んでいるのか、それとも家で読んでいるのか……)
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-30 14:00 | 日常生活
明日からモテ男になる必須アイテム(2ろぐ)
*冒頭の画像に注目

何でも、「週刊アスキー」の週アスバザールというコーナーに掲載された広告のようですが。

サングラスかけただけで、骨格から何からすべて変わってるし……(というか別人なんだけど)

ここまでやられると、さすがにメーカーも怒るのでは……
[PR]
by aru-henshusha | 2005-10-30 13:19 | ファッション・美容