ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2007年 02月 ( 57 )   > この月の画像一覧

【図工】 美しさを捉える(MORI LOG ACADEMY)
(引用者補足:絵を描くには)2つの手法があるようだ。それは、「美しい絵を描きたい」という動機によって描かれたものと、「美しいものを描きたい」という動機によって描かれたものだ。
僕の場合は、明らかに後者である。美しい絵を描こうとは思わない。絵を描くことが好きなのではない。そうではなく、まず美しいものがある。それがさきに存在する。そして、その美を捉えたいと思う。これはたぶん、その美しさを自分のものにしたい、という欲求と似ているだろう。そこで、その絵を描いて、なんとかその美しさを留めようとする。そうして出来上がった絵は、自分が見た美を100%は備えていない。しかし、それを描いたことで美が自分の中に残る。
(中略)
一方では、美しい絵を描こう、という動機があるようだ。芸術の動機として正当なものだと思われる。そして、その美しさをいかに描くか、という方向から、周囲に目を向けていく。絵になるものを探すことになる。この方向性も、僕は否定するものではない。
しかし、歌をうたいなさい、絵を描きなさい、作文をしなさい、というように、さきに「手法」を押しつけられるのが、学校の教科であるために、多くの子供たちは、うたうものを探し、絵になるものを探し、作文に書けるものを探すだろう。うまくそれが見つかれば良いけれど、時間も制限されているので、手近なもの、すなわち、歌いやすいもの、描きやすいもの、書きやすいものが選ばれる。こういった方向性は本来ではない、あるいは、この方向性には合わない才能の子供がいる、と僕は思うのである。
長々と引用してしまいましたが、これと同じようなことが、もしかすると「文章」にも言えるのではないかと思いました。


小説でもエッセイでも、あるいはノンフィクションでも論文でもいいのですが、本を読んでいると、「これは美しい」と思える文章に出合うことがあります。

でも、その美しさは大別すると2つあり、1つは「美しいものを書いた」文章、もう1つは「美しく書かれた」文章だと僕は思います。
そして、後者の文章を、僕はそれほど好みません。

前者には、書き手が「美しいものを見た(聞いた、体験した)」という<想い>が込められているのに対して、後者には、書き手が「美しく書いてやるぞ」という<狙い>が透けて見え、その狙いが強ければ強いほど、僕はちょっと引いてしまうのです。


リンク先にあわせて「美しい」を例に出しましたが、これは「悲しい」でも「面白い」でも、同様のことが言えるかもしれません。

悲しいものを書いた文章と、悲しく書いた文章。面白いものを書いた文章と、面白く書いた文章。
両者は似ているようだけれど、決定的に違うところがあるように思います。

むろん、それらの文章を読んだとき、書き手の「狙い」どおりの反応をしてしまうこともあります。
そういう文章は、個人的な好みはどうであれ、やはり力のある文章だとは思いますが。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-03 18:13 | 名言・言葉
記事を読むと、なかなか使い勝手のいい言葉のようで。

日本語の「ナンパ」を意味する「チャゴブ(作業)」(KBS WORLD Radio)
*注 このURLはしばらく経つと、違う記事に差し替えられます
韓国で「チャゴブ」は 「好感を抱いた異性に接近する過程で必要なすべての種類の努力」に対する包括的な意味で使われている。
日本語で「ナンパ」、「粉をかける」にあたる。

それでは例を見てみよう。


1 接近段階(最初のボタンをかける努力)
1. 왜 자꾸 날 쳐다보지…지금 작업하시는 거에요?
なぜさっきから私を見てるんですか…チャゴブしているつもり?
                    
2. 어제 그 남자 니 옷에 커피 엎질렀잖아..그거 작업이야.
昨日、あの男があなたの服にコーヒーをひっかけたじゃない…
あれチャゴブよ

2 進行段階(恋人として互いを認めるまでの過程)
3. 데이트할 땐 무조건 칭찬부터 시작 해. 그게 작업의 정석이야.
  デートの時には無条件ほめまくるように、それがチャゴブの定石だよ。

4. 일단 키스까지만 가. 그 다음 작업은 저절로 풀려.
  一旦、キスまで行け。その次のチャゴブは自然と進むから。

3 完成段階(性的な暗示としての意味)
5. 왜 이리 전화를 안 받아…작업중인가?
   なんで電話に出ないんだ…チャゴブ中?(お取り込み中?)
(いつも真夜中に電話をかけてくる友人が急に電話連絡ができないときに)

6. ‘야간작업’ 이라면 김대리한테 물어봐, 완전도사 거든…^^
 「夜間のチャゴブ(作業)」については金代理に尋ねるといい、完全に達人だから…
それにしても、「好感を抱いた異性に接近する過程で必要なすべての種類の努力」とは物々しい表現ですね……
自分はまだまだ「作業」が足りないようで。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-03 02:17 | 名言・言葉
この記事、ちょっとおかしくないですか?

上原多香子:バレンタインの苦い思い出とは 「爽健美茶」新広告キャンペーン発表会
(MSN毎日インタラクティブ)

いや正確にいうと、記事というか「写真のセレクト」が変なんです。

発表会に登場した左から長谷川潤さん、相沢紗世さん、上原多香子さん
もっと見たい方は↑写真↑をクリック!


とまで書いてあるのに、相沢紗世が写っている写真が、この一枚しかないんです。
(しかも、3人の真ん中だから、仕方がなく載せてるってかんじ)

あとは、延々、上原多香子と長谷川潤の写真ばっかり……


何でこうなったのかは知る由もないんですが、ひとつ可能性があるとしたら、相沢紗世が過去に日経新聞のCMに出てたのが問題なのかなぁと。

でも、それはいくら何でも大人気ない理由ですよねぇ……


詳しい事情を知っている方がいたら、(コソッとでもいいので)教えてほしいです。

あと、他の二人はいいので、相沢紗世の写真がもっと見たい……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-02 20:30 | マスコミ全般
c0016141_225481.jpg

そろそろかな~と思っていたのですが、先ほど管理画面を見たら当ブログのユニークユーザーが100万人を超えてました。
今まで来ていただいた方、本当にありがとうございました。

ひとつの節目ですから、できれば2月中にオフ会をやる予定です。
もっとも、今かなりバタバタしているので、詳細は追って。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-02 02:06
見城社長の言うことに100%賛成、というわけではありませんが……

見城徹のボイス
いい文章とは
文章がうまかったり 文章の構成がとってもよくできていたり
そんな必要は全然ないの
まず大事なのは
自分らしいということ
他の人が真似出来ないものがあればいい
それが一番大事なの
僕ら(非文芸系の)編集者は、時と場合によりますが、著者の文章にかなり手を入れることがあります。

もちろん、こちらも仕事ですし、手を入れることで、元の文より「うまい文章」「わかりやすい文章」にしているという自負はあると思います。

でも、それが本当に「いい文章」なのかと聞かれたら、僕は自信をもって「そうだ」とは言えません。


「いい文章」を目指してこちらが手を入れることによって、著者特有の言葉遣いが、リズムが、雰囲気が、少しずつ崩れていくことがあります。

そのとき、その文章は、「著者のもの」ではなく「編集者のもの」になってる危険性がある。


あまりに、編集者の色がつきすぎた文章を、僕は「いい文章」だと言う気にはなれません。
そんな文章ならば、著者など立てず、最初から編集者が書けばいい。


別に、僕らの仕事の、大事な一工程を否定するつもりはないのです。

ただし、編集者が「いい文章」を追求しすぎると、最終的にはそれは「いい文章」とはかけ離れたものになるような怖さがあるように思います。


いい文章とは、それぐらい微妙なバランスの上に成り立っているもののではないかと、「悪い文章」に手を入れつつも、ときおり迷ったりするのです。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-02 01:24 | 本・出版
受験シーズン真っ盛り!気になるみんなの受験グルメとは!?(ORICON STYLE)

「キットカット(きっと勝つ)」「カール(受カール)」「コアラのマーチ(コアラ=落ちない)」とお菓子系が目立つ中で、1位に輝いた「とんかつ(勝つ)」の人気はすごいですね。
メッセージがシンプルなだけに、指示されやすいんでしょうか。

それしても、「キシリトール(キッチリ通る)」「ウインナー(winner)」「たぬきうどん(他抜きうどん)」など、下位にいたるまでダジャレのオンパレード。

ランキングに入らなかったもの以外にも、「ハイレルモン」とか「カナエルコーン」とか、色々あるらしいですよ。
*参考:落ちない人気 合格グッズ(YOMIURI ONLINE)
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-01 17:05 | 食品・グルメ
きっと、こちらが「お子さま」なのが原因なのだと思うのですが……

男子を惑わせて美しくなる5つの秘策(All About)

詳しい解説はリンク先で見ていただくとして、ポイントだけを抜き出すと、以下の5つになります。

1 相手のくちびるを見て会話する
2 その場で誘う
3 後ろ姿にイノチをかける
4 単独行動をとる
5 着物を着られる女になる


「2 その場で誘う」というのは、嬉しいというか、男がラクでいいなぁと思います。

あとの4つは、いまいちピンときませんねぇ。
(「4 単独行動をとる」も、男がラクになるテクかもしれませんが)


個人的にはテクを駆使する人より、素直でストレートな人のほうが、好印象です。
細かい駆け引きは、仕事がらみで十分堪能してるので……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-01 02:29 | 恋愛・男女