ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0016141_15563910.jpgこれから紹介する本は、かなり前に担当編集者の方からいただいた。

読書は1冊のノートにまとめなさい

なかなか紹介できなかったのは多忙だったせいもあるけれど、もう一つ理由がある。

正直に言うが、この本をどう評価していいか迷ったからだ。

「同業者」としては、本書は高く評価すべきだろう。


ベストセラー『情報は1冊のノートにまとめなさい』の続編として多大な期待を受けてきたであろうこの本を、著者と編集者の方々はうまくまとめ上げたと思う。

たとえば、本書の構成の核となる 「インストール・フロー」は、その好例だ。

  1 探す(探書リスト作成)
  2 買う(指名買い)
  3 読む(マーキング)
  4 記録する(読書ノート作成)
  5 活用する(検索テキスト作成)

という段階にそって本文が展開し、第1章には、全体の流れのごく簡単なサマリーまでついている。
この通り実践すれば、著者が編み出したノウハウを無事「インストール」できるだろう。

同業者から見て、この本には、お世辞ではなく「いい仕事がされている」。
しかしながら、「一読者」として、僕はこの本には満足していない。



この本のカバーには、「多読・速読より、一冊ずつきちんと頭に落とす読書術」というコピーがある。

この言葉どおり、1冊の本を驚くほど短い時間で読む方法も、大量の本を読んで得た知識をビジネスに生かしてリターンを得ようなんてメッセージも、本書には書かれていない。

この本が扱うのは「まっとうな読書(&情報整理)」のノウハウだ。
しかし、そのまっとうさゆえに、それらのノウハウには新鮮味がほとんど感じられない。


僕らのように編集という職に就いた者で、「一冊ずつきちんと頭に落とす」ことを一度も意識しないで本を読んできた人間が、どれだけいるだろう?

仕事であれプライベートであれ、僕らは本の内容を思う存分享受するために、それぞれの読書術を日々磨いているはずだ(きっと、本書の担当編集者の方も)

だから、この本に書かれている大抵のことは僕は実践(あるいは理解)しているし、一部のノウハウは自分に合わないと思って止め、一部のノウハウはよりよいと思う方法で導入済である。

たとえば、本書で言う「探書ノート」は「はてなブックマークのコレクション機能」を代用している。
「読書ノート」のかわりとして、このブログには、よいと思った本の書評をアップしている。
読んだ本の書誌的な記録は、ブログのライフログに任している。
(よく考えたら、これも「はてブ」で代用できそうだが……)

そういう「読者」としては、この本は「いい本」だけど、何かが足りない。
僕は今さら自分の読書生活を、「1冊のノートにまとめたい」とは思わない。



最初に書いたように、今でも僕は、この本の評価を迷っている。

「他社の商品」として見たとき、この本は素晴らしい一冊である。
けれど、「自分が読む本」としては、この本には、やはり何かが足りない。

いい!と思える本というのは、自分にとってまったく新しいことが書いてある本というより、結局、自分自身の考えを後押ししてくれるもの、というか、薄々知っていたことを証明してくれる本。」と言った方もいるけれど、こと読書関連の本については、僕はそう思わない。

読書は僕にとって、多分死ぬまで欠かせない行為である。
だから、本の少しでも新しい読み方、違った本の楽しみ方を教えてくれるような本に、僕は出合いたい。

*追記:そのような意味で、以前、僕が感銘を受けたのが以下の本だ
→『本の読み方 スロー・リーディングの実践


*当ブログへの献本は、以下のルールに則っていただける限り、歓迎いたします。
当ブログへの「献本ルール」を、ここらでハッキリ決めようと思います。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-12-25 18:16 | 本・出版
既に、ほとんどの方がご存じでしょうが。

<飯島愛さん>都内自宅マンションで死亡 元タレント36歳(Excite エキサイト : 社会ニュース)

彼女が亡くなったという事実は悲しいし、変えることができません。
けれど、人は死んでも、言葉は残ります。

僕に今できるのは、彼女の言葉を「集めて、編む」ことぐらいだと思って、大急ぎでアップしました。
引用元は、すべて彼女のブログ飯島愛のポルノ・ホスピタル Powered by アメブロです。

言葉を選んだ基準は、僕が心を動かされたかどうか。

むろん、すべての記事に目を通したわけではないし、読む人が違えば、選ぶ言葉も違うでしょう。
できれば彼女のブログを自分の目で見て、より多くの言葉にふれてみてください。

では、いきます。

『整形してる』とは、褒め言葉だ。
チョ~ブスな子に 『あの子整形してるのよ』とは言わない。
例え整形してなくても美人を見ると『どうせ整形でしょ?』と言うヤツもいる。

『飯島愛って、整形してんでしょ?』 って言うのは、正解です!!!な、ダケだ
整形
男は SEXをするまで女を褒めるし優しい
やる為だ。
女はSEXをしてから男に素直に成れる
裸に成ったからだ。
そんな気がする。
上辺の優しい言葉は人を酔わせる。
でも本当の優しさは人の涙を誘う。

恋愛
このブログに集うみんなが、自由に意見を書けないものにはしたくない。
それぞれの思いを書き込んで欲しい。
具体的に、自分の言葉で。
最近、その傾向が垣間みれて嬉しいのです。
でも、あと少し、もう少し..
それは、NO!!
NO!!の意見。 ダメだしも欲しいのっ...
そりゃ、へこむさぁ... へこむケド、
もっとも へこむのは、NO!!と言う反論が無い事だ。

この世の中は2択ではないから。
別に..普通、興味がない、コメントする気にならない。
と、言う最高に残念な枠があるんだ。
そう、ここは3択です。 

コメントを残さない多くの人は3番なんだろうか.... .
ならば、あと少し.... じゃなく、まだまだでした。
もう少し あと少し
殺してやりたいと思った人間が一人いる。 殺せないよ、もちろん。
でも、私、やっぱり許せない。

これ以上は、やめよう。 でも、知りたいでしょ!? なんちゃって..
私が、聞いて欲しいだけか。

みんな、頑張っているんだから。 私も頑張るかなぁ。 
ほんと、1発殴りたい。

私は、大人じゃない。 まだ、親を恨んでいる。 裏切ったあの人を憎んでいる。
前向きに、動こうと頑張ったけど 頑張ろうとしただけで また、人間不信になっている。
所詮、こんなもんさぁ....辛い2年だった。 この理由を書いた日は最後だ。
かっこつけて、平気なフリして、飯島愛でいたかっただけ。
頑張れはいらない。
悩み事はお金になるんだ。でも、お金がないと人を助けられないんだ。
若者に学ぶ。
誰かの悩みに救われるコトもある。
あ、私も!!!って...
独りで抱えるのはキツいね、カッコつけて生きていたら肩が凝るし。
傷つくの恐くて、電化製品でさえ触る前に取り説を読むことを覚ちゃってる。

裸になると素直になる。
自分の意見を言うのは、決して悪い事だとはおもわない。
無知が故に、場をわきまえず発してしまう失態もあるケド。
私は、確かに浅い。
だから、反論も沢山あって当然のこと。
正直、バーカー系の罵るだけのコメントには
腹もたちます。哀しくもなります。
でも、交流することで、違った見方が出来たり、間違いを正すことができたり、
そして、教えられることが多い。
歳を重ねると、人は人の間違いを正そうと注意をしたり、愛情を持って怒ってみたり
メンドクサイからしなくなりがちですね。
だって、もの凄いパワーが必要ですもの。

私は、ここの場のコメントが好きです。
今、感じた事をありまま書き残す事は、今を生きている存在価値だ。

大げさだ。そりゃそうだ。
とにかく、関係ないー。
って、寂しいじゃん。
ありがとうです
突然おやすみして、突然UPP
すいません....

あのね、大切な人達&アタシのお誕生日なの

お父さんお母さんありがとう
みんなありがとう

色々あるけど、生まれてきて良かったよー

色々あるけど、このエコな時代に、
生まれてきて地球には悪い事した。
ごめんねー。


みんな、ごめんね。
自分の誕生日って何歳になっても、特別な日だ。

ブログ書いたのは、きっと、
存在価値を確認したい衝動、なんだと思う。


寂しがりヤだな。。。

だから、皆で、同じ時代を生きて行こうねー

では、またね。
お誕生日おめでとう

[PR]
by aru-henshusha | 2008-12-25 01:17 | 名言・言葉
c0016141_2264865.jpg就活のバカヤロー

という、一度聞いたら忘れられないタイトルのこの本は、かなり前に著者から献本いただきました。

多忙で紹介できないうちに、あれよあれよと売れて(→「就活のバカヤロー」新書がバカ売れ 学生も企業も大学も茶番?著者ブログによれば現在7万部突破とか)、けっこうな数の書評もされているご様子。

いまさら内容を論じるのもアレなので、今回はこの本のタイトルに絞って記事を書こうと思います。


さて、僕は著者とは古い付き合いということもあり、本が出る前からこのタイトルについては聞かされていました。

最初は、たしかにインパクトがあるタイトルだと思いましたが、けれど、その「言いっぱなし(タイトルが先行しすぎで、中身がよくわからない)な感じ」が多くの読者に受け入れられるのかどうかは、内心、心配もしていたのです。

しかし、フタをあければ、本書は売れに売れています。
これは、就職状況の急激な悪化の追い風も受けているとは思うのですが(注 就職難のほうが就活本は売れるので)、やはり、このタイトルの力も大きいでしょう。


後出し承知で言いますが、このタイトルは「シューカツ」に翻弄される学生、また、そんな学生に振り回される大学・企業の「心の叫び」を、どストレートに表現しています。

僕自身、出版社を数十社受け、不採用通知の嵐に見舞われていた学生時代は、まさに思いっきり「バカヤロー」と叫びたい毎日でした。
けれど、喉元過ぎればなんとかで、この業界に勤めてウン年たつと、その感覚を忘れてしまうのですね。

その点、本書の著者や編集者は、学生・採用担当者・就職課の職員という、立場が異なる3者に共通する叫びをすくいあげている。

「バカヤロ」ーという乱暴な響きのわりには、これは随分と「頭のいい」タイトルなのです。


それにしても、我ながら、売れた後にああだこうだ言うほど簡単なことはないですね。

この本を世に出す前から、ある程度の確信を持ってこのタイトルをつけた関係者たちの「頭のよさ」を讃えて、記事のシメとさせていただきます。


*当ブログへの献本は、以下のルールに則っていただける限り、歓迎いたします。
当ブログへの「献本ルール」を、ここらでハッキリ決めようと思います。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-12-15 22:44 | 本・出版
かなりテンションが下がったので、少しはアゲていきましょう。
先の記事でうなだれた男子も必見(のはず)。

女子が男性に送るラブサイン(死語)ってどんなの?(livedoor ニュース)

■ 「目を真っ直ぐ見て話す」「ニコニコする」(25歳、化粧品)(23歳、商社)ほか多数
■「とにかく目で追う」(23歳、製造業)、(26歳、商社)ほか
■「週休や季節休みがいつか、さり気なく聞く」(26歳、カフェ)(24歳、講師)
■「本を貸す」(26歳、雑貨店)
■「共通点を探し出し、『私たち、合いますね!』とアピール」(22歳、貿易)
■「軽くボディタッチ」(22歳、学生)、(25歳、商社)ほか多数
■「激ぼめ、ベタぼめ、とにかく誉める」(27歳、WEB)
■「相手のジョークに大袈裟に笑う」(29歳、SE)
■「仕事が終わる頃に『お疲れ様メール』を送る」(26歳、雑貨)


う~ん、どれも最近心当たりがないですねぇ。
視力も動体視力も悪いので、大事なサインを見逃しているのだと思いたいのですが……
[PR]
by aru-henshusha | 2008-12-15 22:01 | 恋愛・男女
今年は「質問力」と銘打った本を書店で見かける機会が多かったのですが、はたして独り身のクリスマスも「質問力」で乗り切れるのでしょうか……

恋人がいないクリスマスに焦りを感じているあなたを勇気づける3つの質問(スゴレン)

【1】「自分自身が目標としている人はどんな人ですか?」
クリスマス関係なく、仕事でもプレイベートでも、「目標」としている人について想像してみてください。目標としている人が明らかになれば、それに向かった行動するキッカケとなります。あなたが目標とする人はどなたでしょうか?それはどんな人なのでしょうか?

【2】「目標としている人だったら、恋人がいないクリスマスをどのように過ごすでしょうか?」
今回の質問の中で、もっとも重要な質問となります。クリスマスのイリュミネーションやクリスマス関連の情報を見るたびに、「寂しい」という感情が発生する人も多いと思います。そこで、「目標としている人」という視点の導入によって、「寂しい」という自分の感情切り離し、もっと前向きな考え方ができるようになります。この質問によって、「クリスマスなのに恋人もいなくて寂しい。」という考え方が変わり、もっと違った考え方が生み出されるかもしれません。

【3】「それ(目標としている人のクリスマスの過ごし方)を実現するために、すぐにできることは何ですか?」
「寂しい」という感情の繰り返しでは、何も変わりません。この質問によって、クリスマスへ向けての行動が明確となります。「寂しさ」という感情が湧きあげるクリスマスだからこそ、自分自身の目標の明確化し、行動してみはいかがでしょうか。行動によって、自分の中の感情もきっと変わってきます。

上記の質問、いま数人しか残っていないオフィスの端で自問自答してみたのですが……


これ、効果あるかぁ?


いや、いいんです。
どうせ、その日は青焼き出てくる日ですしね。

「いますぐできること」は、いまだ入れてない追加原稿を入れることぐらいです……
[PR]
by aru-henshusha | 2008-12-15 21:51 | 恋愛・男女
本当に久しぶりの更新で申し訳ありません。
出版界特有の年末進行に加え、今年は諸事情でプライベートの時間が皆無でして。
ま、それはともかく、本日最初の更新は久しぶりのファッションネタで。

過去に「ヤッチャッタ」と思うファッションランキング(男性)

1 ポロシャツの襟立て
2 セーターの肩がけ
3 恋人・家族とのペアルックシャツ/トレーナー
4 変な言葉がプリントされた文字Tシャツ
5 夜なのにサングラス!
6 ケミカルウオッシュジーンズ
7 Tシャツの裾を縛る
7 オーバーオール
9 真っ黒のサングラス
10 デカTシャツ

過去に「ヤッチャッタ」と思うファッションランキング(女性)

1 セーターの肩がけ
2 オーバーオール
3 デカTシャツ
4 ポシェット
5 超ミニスカート
5 恋人・家族とのペアルックシャツ/トレーナー
7 超ロングスカート
8 Tシャツの裾を縛る
9 ポロシャツの襟立て
10 レッグウォーマー

(ともに29位まで続く、gooランキングより)

というわけでこんな感じに肩にセーターをかけるのは、男女問わず「ヤッチャッタ感」が強いのだとか。

個人的には、「Tシャツの裾を縛る」人もけっこう気になりますがねぇ……

変な言葉がプリントされている裾を絞ったデカTシャツの上からセーターを羽織っている人、がいたら、上半身だけで最強かもしれません。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-12-15 21:32 | ファッション・美容