ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

タグ:グルメ ( 26 ) タグの人気記事

c0016141_0422790.jpg1丁300円の豆腐、1個472円の納豆、700円以上の山菜そば……。
主婦の方はもちろん、一人暮らしの独身男性が見ても、これらの価格は高いと思うかもしれない。

かくいう僕自身も、きっとそう思ったことだろう。そう、この本を読むまでは。

日本の「食」は安すぎる

本書は、このブログがすごい!BLOGなどでおなじみの編集者・岡部敬史さんから送っていただいた。
本書の関連エントリー

多分、送っていただかなかったらスルーしてしまったジャンルの本なので、感謝している。


本書には、冒頭で取り上げた食品の「高いワケ」が余すところなく書かれている。
同時に、われわれが安い(あるいは適正だ)と思っている食品の「安いカラクリ」も書かれている。

個々の例については、ぜひ本にあたって読んでほしいが、思い切り大雑把に言ってしまうと、安い食品はそのぶん、「」や「鮮度」や「安全」を犠牲にしている。
また極端な例だが、安さの演出のために「偽装」がなされることもある。

生産者(または関連業者)の努力で価格を下げるにも限度があって、それ以下の安さを実現するためには、どこかにしわ寄せが行くのである。
それを承知で安さを求めるのは消費者の自由かもしれないが、どれだけの人がそのことを自覚しているのだろうか?

これは、「食」の価格に対して、あまりにも考えてこなかった僕自身にも言える。


ここで、話はちょっと飛ぶ。
僕はこの本を読んでいる最中、ずっと「本の値段」について考えていた。

本の値段に関しては、以前こんな記事を書いたことがある。

本の値段は、素人が思っているほど高くはない。

この件に関する認識は、いまでもそう変わらない。
しかし、本書を読んで思ったのは、これはあくまで「生産者」の意見だったなぁということ。


矛盾するようだが、本の「消費者」としての僕は、この本高いなぁと思うことがたまにある。

たとえば、1200円程度のビジネス書を読んで、「この本、何なの? 何も新しいこと書いてないじゃん」と、さも高い買い物をしたように感じるのだ。
(たとえ、それが原価的に見合った値づけであったとしても)

消費者としての僕は、もっぱら、「その本が僕にとって与えてくれるものの価値」と「その本の価格」を比べて、本を読んでいる。

だから、自分にとって価値がないと思った本は、造本的にどんなに適正な価格であっても、やっぱり「高い」のだ。

そう考えると、物の安い・高いは立場によって変わるし、だからこそ、色々なものさしにふれてみるべきではないかと、僕は思う。


う~ん、何だかまとまりのない話になったが、強引にまとめてしまおう。
最後に、この本の価格についてふれる。

本書の価格は、税込840円である。
(献本された僕が言うのも何だが)この値段は、僕とっては相当安い。

普段口にする食べ物を「安すぎる」と思ったことのない僕の価値観を、本書はグラグラと揺さぶってくれた。
僕にとって、その経験は、この価格の倍の値段を出してでも手に入れるべきものだった、と今ならいえる。

もちろん、これはあくまで、僕にとっての「安さ」である。
食に対する問題意識がもとより高い人にとっては、本書の内容はもしかしたら「高い」と感じるものなのかもしれない。

いずれにせよ、「高い」か「安い」か、書店で手にとって確かめる価値はある本だと僕は思う。

その価値を感じさせない「高い」本を、僕はここまで薦めたりはしない。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-04-22 01:28 | 本・出版
う~ん、やっぱり、そんなに意外じゃないかも……

社の由来は志賀直哉の小説「小僧寿し本部」(夕刊フジBLOG)
「仙吉は神田の或る秤屋の店に奉公している」の一文で始まる志賀直哉の小説『小僧の神様』。主人公の仙吉は寿司屋に入って寿司を手にし、値段があまりに高価なのに気づいて立ち往生する。小説は、やがて篤志家が寿司に憧れる仙吉に寿司をたらふく食べさるという話になるのだが、「小僧寿し」という社名はこの小説に由来する。
というわけで、「小説の神様」とも呼ばれた志賀直哉の作品に由来するんだとか。

これに対抗して、カボチャばかり売っている「武者小路実篤青果店」なんてあったら楽しいと思ったのですが、どうでしょう?
参考:実篤記念館HP ミュージアムショップ
[PR]
by aru-henshusha | 2007-12-25 22:24 | 食品・グルメ
じつは、僕自身もよく頼むんですがね、1位のやつ。

女性が飲んでいると「かわいい」と思うカクテルランキング(goo ランキング)

1 カシスオレンジ
2 ピーチフィズ
3 カルアミルク
4 カシスソーダ
5 シンデレラ
6 カンパリオレンジ
7 青い珊瑚礁
8 桜ミルク
9 ファジーネーブル
10 マルガリータ

*以下、リンク先では30位まで紹介

まあ、今回の設問はあくまで「かわいい」と思うカクテルですから、イイオンナ系の女子を演出したい人は違ったセレクトが必要でしょう。

とはいえ、飲み会で最初から最後までこういった飲み物ばかり頼まれると、引いてしまうかも……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-08-27 22:09 | 食品・グルメ
当ブログは時事ネタは基本的にスルーする方針なのですが(他にも取り上げる人が多いし、ネタがすぐ古くなるので)、これはちょっと書いておきたいなと。

「ペッパーランチ事件」の怖さ(日経レストラン ONLINE - 編集長の机から)
先週、トンデモない事件が発覚しました。ステーキ店「ペッパーランチ」大阪心斎橋店の店長と友人のアルバイトが、閉店間際に来店した女性客に睡眠薬を飲ませたうえ、拉致、監禁、暴行を加え、財布からお金まで盗んでしまったというものです。
(中略)
責められるのは、本人たちであり、本部も監督責任を問われて仕方がないと思いますが、気になったのは、この事件の「風評被害」です。ブログ等でこの件について書き込みをしている人たちの発言を見ると、「夜は怖くて、店に入れなくなった」という声がそこかしこにありましたし、編集部の女性陣も、「ちょっと怖いね」とささやいていました。

近年、「おひとりさま」と呼ばれる、女性の一人客が増え、一つの市場を作りつつあるだけに、余計に影響が大きいかもしれません。今週に入ってからは、さほど騒がれていないのが幸いですが、事件の続報が出てくると、またぞろ騒ぎになる可能性も十分にあります。

飲食店は「安心して入れる場所」という信頼感があるからこそ、成り立っています。こうした事件が続くようだと、その信頼感も崩れかねません。こうなると、ことは「ペッパーランチ」だけの問題ではなくなってきます。
(中略)
簡単に起きる事件ではないとは思いますが、こうしたことが二度と起こらないことを望みます。
この記事を書いた遠山さんは、「日経レストラン」という雑誌の編集長。
同誌は、<飲食店、外食チェーンからホテル・旅館の飲食. 飲食ビジネスの集客情報誌>と銘打っていますから、今回の事件が飲食業界に与える影響を心配するのは当然でしょう(ビジネスとしても、それ以外でも)。

僕自身も、飲食関係の本を何冊か作ったことがあり、同じような懸念はもっておりました。

でも、遠山編集長が言うように「こうしたことが二度と起こらないこと」で、信頼感は回復するのでしょうか?


僕は、ペッパーランチ事件の本当の怖さは、「よくわからないこと」にあると思います。

遠山編集長は「今週に入ってからは、さほど騒がれていないのが幸い」と書いていますが、むしろ、さほど騒がれていない(報道されない)現状が、僕にはとても怖いです。


街の飲食店で食事をしようと思っただけなのに、こともあろうにその店の店員に拉致監禁され、暴行され、お金を奪われる。

こんな事件がなぜ起きてしまったのか?
似たような被害がほかにもあるのではないか?
へたをしたら、組織的な犯罪ではないのか?
共犯者がいて、まだどこかに潜伏しているのではないか?
ペッパーランチという企業は事件とどれだけのつながりがあるのか?

こういった疑問に対する答えが「よくわからない」まま、報道がどんどん少なくなっていくことが、少なくとも僕にとっては、本当に怖い。

事件の再発防止は当然のこととして、可能な限り事件の背景や全容を解明することが、いま一番大事なのではないでしょうか?(ひいては、それが再発防止につながるとも思いますしね)
[PR]
by aru-henshusha | 2007-05-24 13:37 | 事件・ニュース
義理チョコ反対!と言いつつ、ネタにはしてしまうんですが……

バレンタインのチョコ、誰のために購入しますか?(FujiSankei Business i.)
*引用部は情報を多少省略しています

購入を予定しているチョコのメーカーは? (複数回答)


<義理チョコ>
(1)モロゾフ
(2)ロイズ
(3)ゴディバ
(4)メリーチョコレート
(5)明治製菓
(5)森永製菓


僕の大好きなモロゾフやロイズは義理仕様なのか……
とショックだったんですが、一概にそうとも言えないようで。

<本命チョコ>
(1)ゴディバ
(2)ロイズ

(3)ピエールマルコリーニ
(4)デメル

(5)モロゾフ

青字で示したブランドは、本命チョコにも使われているみたいなんですよね。
ここら辺の見極めは、けっこう難しそうです。

逆に、ピエールマルコリーニやデメルのチョコをもらった男性は、自信を持っていいのかも?
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-14 13:21 | 食品・グルメ
受験シーズン真っ盛り!気になるみんなの受験グルメとは!?(ORICON STYLE)

「キットカット(きっと勝つ)」「カール(受カール)」「コアラのマーチ(コアラ=落ちない)」とお菓子系が目立つ中で、1位に輝いた「とんかつ(勝つ)」の人気はすごいですね。
メッセージがシンプルなだけに、指示されやすいんでしょうか。

それしても、「キシリトール(キッチリ通る)」「ウインナー(winner)」「たぬきうどん(他抜きうどん)」など、下位にいたるまでダジャレのオンパレード。

ランキングに入らなかったもの以外にも、「ハイレルモン」とか「カナエルコーン」とか、色々あるらしいですよ。
*参考:落ちない人気 合格グッズ(YOMIURI ONLINE)
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-01 17:05 | 食品・グルメ
メガマック売り切れはマクドナルドの自作自演疑惑。(| ^^ |Byozine:秒刊ネットマガジン)
*ネタ元:情報屋さん。

上の記事、ポイントを整理すると、以下の通り。

 (1)メガマックの材料は、ビックマックと同じ
 (2)そのメガマックが安定に供給できないというのは、ビックマックや他の商品の主要材料であるミート等が足りないってこと
 (3)ということは、そもそも他のバーガー類の供給も危ないんじゃない?
 (4)でも、売り切れ(正確には、数量限定販売)なのはメガマックだけ
 (5)よって今回の売り切れ騒動は、話題づくりのための自作自演ってことも……

これはこれで、ひとつの見方だと思うのだけど、ちょっと深読みしすぎかも、という気がする。


マックのHPを見ると、今回、メガマックの数量限定販売に踏み切った理由が書いてある。

「メガマック」の販売に関して
~記録的な需要による数量限定販売開始と販売期間延長~
現在の資材(ミートパティ)の在庫状況と販売予測から考察し、全国約3,800のマクドナルド店舗に於いてメガマックを今後も継続的にご提供するために、今回、1月17日(水)※から「数量限定販売」を実施するとともに、多くのお客様にメガマックをお召し上がりいただくため、数量限定販売の期間を当初プロモーション期間終了日の2月4日(日)以降も継続いたします。
このリリースが正確だとしたら(というか、ウソ書いてたら大問題だが)、やっぱり単純に<肉が足りねぇ!>って話なんだと思う。
実際、メガマックは一個で4枚?の肉を消費するのだから、仮にこればっかり買われた日には、ほとんどの商品の安定供給が危うくなるだろう。


以上の理由から、僕は今回の売り切れ騒動は、マックの「戦略」ではなく、むしろ戦略上の「失敗」だと考える。

むろん、商品の供給量を絞って、市場の飢餓感をあおるという戦略は昔から存在するのだけど、個人的には、その戦略自体がどれだけ有効なのかも疑問。

今回みたいに「一番の売り時」に商品を供給しなくて、市場の期待感が薄れたころに商品を投入したところで、スムーズに商品を供給したとき以上のリターンはあるのだろうか?

僕がマックのお偉いさんだったら、「バカ売れしたときのことを考えて、スムーズに追加発注できる体制整えとけやぁ!」と担当の人を怒ってしまいそうである。

いや、食品にしろ本にしろ、物がどれだけ売れるのかを予測するのは、想像以上に困難だとは思ってるのだけどね。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-01-20 13:11 | 商品・企業・仕事
書けたらあなたも、夏目雅子級の美人と付き合えるかもしれません……(参考

さて、答えを見る前に、いちど考えてみてください。
どの言葉も比較的簡単な漢字を使っているのですが、こういう組み合わせはなかなか思いつかないかと。

●答え:食べ物をあらわす漢字で読めないものランキング(gooランキング)
[PR]
by aru-henshusha | 2007-01-19 11:51 | 名言・言葉
ウコンの力に限ったことではなく、その他のウコンサプリにも言えることのようですが。

呑んだら飲むべき?ウコンサプリ 2(All About)
「ウコンはお酒の前に呑むべきか、後に飲むべきか」それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

お酒の前
メリット
 ・お酒のダメージを予防することができる→美味しくお酒が呑める
デメリット
 ・いつも以上に飲めてしまう。→肝臓の負担がより大きくなる
 ・飲み過ぎて反省する機会が減る

お酒の後
メリット
 ・自分の適量を守ることができる
 ・多少、気分の悪さを味わうが、飲みすぎを反省する
デメリット
 ・一時的に気分の悪さを味わう
あまり意識したことがなかったのですが、呑む前にウコンサプリを飲むことで酒量が増えてしまうんですね。

その場のノリを重視する自分としては、いっぱい飲めるならそれでいいやとも思うのですが、そのぶんダメージがカラダに蓄積しているとしたら、ちょっと不安です……

これからは呑んだあとに飲もうかなぁ。
いや、呑む機会を減らすのが一番だとはわかっているのですが……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-01-17 13:27 | 商品・企業・仕事
ああ、気づけば、もう一か月きっているんですよね。

明治製菓:立ち上がれジョシ!!
*ネタ元:インターネット広告のひみつ

女子をクリックすると、甘くて熱いメッセージが見られます。

個人的にはバレンタインデー中止の勢いなんですが……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-01-15 13:23 | 恋愛・男女