ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

タグ:ネタ ( 224 ) タグの人気記事

えー、見出しを見ただけでは何のことやらサッパリわからん、という方もいそうなので、ご説明を。

じつは、2年ほど前に、

最近の出版界で流行している7つのキーワードで、「最強のタイトル」をつくってみた。

という記事を書きまして、これが(一部業界人の方々に)わりとウケたんですね。

で、さきほど、アマゾンのランキングやら何やら見ているときに、この2年間で「出版界の流行のキーワード」もだいぶ変わったし、もう一回あの企画をやってみるかと思い立ったわけです。

というわけで、2年の沈黙を破り(大げさ)、久々に「最強のタイトル」を作ってみます。
*あくまでネタですからね

キーワード1:レバレッジ*別格
例:レバレッジ・リーディング
もともと金融用語だったこの言葉も、いまではすっかりビジネス書用語に。
<少ない労力で多くの成果を出す>程度の意味で、読書術・時間術から勉強法にいたるまで枕詞として使われています。
ちなみに、「レバレッジ」というキーワードの存在感があまりに強すぎるので、今回の企画ではあえてメインタイトルから外して、帯コピーに使ってます。

キーワード2:10倍
例:無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
これは「レバレッジ」と割と関係あるかもしれません。最小の労力でどれぐらいの成果を出すのか、と考えたときに、「10倍」という数字が非常にわかりやすいアイコンになるということです。

キーワード3:××分(あるいは●秒)
例:「1日30分」を続けなさい!
「10倍」もそうなんですが、ビジネス書の世界では「数字」が入ったタイトルは割合うまくいくんですよ(読者に具体性をアピールできるので)。しかし、『「1秒!」で財務諸表を読む方法』って本を書店で見たときは、さすがに驚きましたが。

キーワード4:脳
例:脳が冴える15の習慣
キーワード5:勉強
例:できる人の勉強法
この2つはセットで考えたほうがいいでしょう。
脳を鍛える的なブームが勉強本ブームを生んだとも言えるし、もともと周期的にはやっていた勉強というテーマが、脳ブームの時期にうまくマッチして、それこそレバレッジがかかったとも言えます。
*この2つをあわせた『脳を活かす勉強法』なんて本もあります。バカ売れです。

キーワード6:引き寄せ
例:引き寄せの法則
すごい適当に言うと「スピリチュアル」の一言に尽きるんですかねぇ。この手の本が苦手なので、流行ってる割にはノーチェックでございます……。

キーワード7:品格
例:女性の品格
いまさらかよって感じですが、いまでも売れてるんですもの……(例にあげた本なんて300万部近いとか)。ちなみに「品格本を書いている著者に品格があるとは限らない」というのが定説じゃないかと。

キーワード番外:おひとりさま
おひとりさまの老後』しかないじゃねーかよ、と業界関係者からは突っ込まれそうですが、このタイトルに乗っかった類似本も出始めてますし、これから来るんじゃないかと。
*いや、正直に言えば、今回のオチに使おうかなと思って……


さて、これら7つのキーワードをあわせた「最強のタイトル」がこれ。

『1日1分! 脳の品格を10倍引き寄せる!
おひとりさま勉強法


しかも、豪華カバーイメージつきです(O'Reilly Maker)で作成。

c0016141_13354636.jpg
この企画、ぜひウチで出したいという方は、ある編集者までご一報を!(ウソです)
[PR]
by aru-henshusha | 2008-03-20 13:40 | 本・出版
★「働きマン」視聴率ヒトケタ転落のワケは(★てれびまにあ。)
テレビ視聴記録12/5
●テレ朝「相棒」
書籍の表紙の装丁を手掛けるイラストレーターが、表紙はオマケ程度にしか考えていない編集者に勝手に原画をいじられ激昂、編集者を撲殺する。化粧品とのコラボを前提にケータイ小説を出版し、映画化を進めていた作家は、その化粧品会社の悪行を糾弾する書籍を出そうとする編集者と対立するが、映画化発表の席で映画及びコラボを白紙撤回…結構面白い筋だったが視聴率はイマイチ。

*より詳しいあらすじはコチラ
いや、そりゃデザイナーに修正をお願いすることはあっても、かってに原画(というか、カバーデザイン?)をいじったりはしないと思うんだが……
(しかも、撲殺されちゃうのね……)

もう一つのエピソードも破天荒だし、この回、見てみたかったなぁ。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-12-09 01:40 | 芸能人・TV
合コンでは徹底して役割分担するべし!(おもしろコミュニティ 縁count)

1 スナイパー(空気が読めなかったり場を乱す女に狙いを定めてケアし、おとなしくさせる)

2 メカニック(携帯電話の専門知識が豊富。赤外線通信など飲み会終了時の電話番号交換の時に活躍)

3 コーナーキーパー(花見などの席を確保する)

4 予約者(店を予約)

5 焼き鳥ソムリエ(焼き鳥など種類の多いものをとりわける)

6 バーテンダー(カクテルに詳しい)

7 エアリーダー(場の空気を作る人、司令塔的存在。)

8 コールボーイ
(イッキコールをマスターしている)

9 サンドバッグマン(ひたすら女にいじられる)

10 牧師(女の悩みをひたすら聞く)
*以下、30まで(途中からどんどんネタ化していきますが……)。

僕にできるのは、予約者・牧師ぐらいですかねぇ……
(著者のグチにつきあうのは慣れているので)
[PR]
by aru-henshusha | 2007-09-06 13:14 | 恋愛・男女
すでにリアル書店にも並んでいましたね。

c0016141_2375989.jpg
アマチュア論。

なぜこんなカバーになったか気になる方は、版元のページをご覧あれ。

ミシマ社インタビューページ

僕自身は上のページでこういう本が出ることを知っていたため、書店で見たときも、正直あまり驚かなかったですねぇ。

いきなり見た人は驚くのかしら? 
あと書店員さんはどう思ってるんでしょう?
(「また紛らわしい本作って~」だったりして……)
[PR]
by aru-henshusha | 2007-08-08 02:43 | 本・出版
全コピペになってしまい、申し訳ありません。でも、なるほどなぁと思ったので……

独身者が増えた理由(すべらない名無し)

71 名無しさん@八周年 2007/07/10(火) 19:05:42 ID:WWAUdqld0
10人の男と10人の女がいたとする。
まず、いちばんもてる男に、女が3人くらい寄っていく。
2番目にもてる男も、負けじと2人くらい持っていく。

したがって3番目の男は、6番目の女と一緒になる。
以下、4番目の男は7番目の女と、
5番は8番と、6番は9番とカップルになる。
しかし、残る7番目以降の男にもプライドだけはあるので、
最後に余った10番目の女など誰も相手にしようとしない。

さて、上位の女を独占したNo.1&2のモテ男も、最終的には
一人を選ばねばならないから、ここで3人の女があぶれる。
でも、すでにモテ男と付き合った経験のあるこの3人の女は、
いまさら下位の男と一緒になろうなどとは考えない。

こうして、互いに性質の異なる独身男と独身女が残る。

    
1 ○  ○
2 ○  ×
3 ○  ×
4 ○  ○
5 ○  ×
6 ○  ○
7 ×  ○
8 ×  ○
9 ×  ○
10 ×  ×


男の7~10位に入りそうだなぁ、俺……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-07-31 21:37 | 恋愛・男女
これ、猫の気持ちを考えると複雑ですね……

イマジニア株式会社  [商品サービス] ネコ用コスプレグッズ「限定定!!!!ハローキティ変身セット」販売のお知らせ   ~「ハローキティ」とネコの洋服ブランド「キャットプリン」のコラボ商品をペットオフィスと共同開発~(PR TIMES)

変身後のお姿はこんなかんじ。

c0016141_1264053.jpg
我輩はキティではないのである…… なんてね。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-07-11 01:27 | 商品・企業・仕事
前の記事に時間をかけてしまったので、こちらはサラッと。

数学者と統計学者と会計士(アルファルファモザイク)
数学者と統計学者と会計士が、同じ仕事に応募した.

面接官は数学者を呼び入れて,問った.
「2+2は何になりますか?」数学者は「4です」と答えた.

面接官は念をおした.「ぴったり 4ですか?」数学者は疑わしいような姿で面接官を報告,答えた.「はい.ぴったり 4です」

次に面接官は統計学者を呼んで入れて同じ質問をした.
「2+2は何になりますか?」統計学者は「平均して,4.誤差 10パーセントですが,だいたい 4です

終わりに面接官は会計士を呼び入れて,同じ質問をした.「2たす 2は何になりますか?」
会計士はドアに鍵をかけて窓のシェードを下げて,面接官の横に座って問った.
2+2をいくつにしたいんですか?
いやぁ、これはブラック。

ちなみに、仕事柄、会計士の方との付き合いも少しありますが、こういう人は少数派だと思います……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-05-24 13:46 | ユーモア・ネタ
久しぶりの更新です。
かなり間が空いたので、過労死したんじゃないかと思った方もいるかもしれませんが、何とか生きています……(でも、過労はガチです)
ま、それはともかく、更新再開。

中谷彰宏レター 第2604号
僕のデスクのヴィトンのタイガのペンシルホルダーには、
オシャレなレターオープナーが、立ってます。
そのレターオープナーの出番は、袋とじをきれいに開ける時です。
すべての袋とじを、開けるわけではありません。
「とりあえず開けるだけ、開けて見ればいいのに」と、
言われるかもしれないけど、
あえて、その袋とじを開けないことで、
その企画には興味がないという意思表示をしたいのです。

はっきり言って、袋とじは好きです。
でも、袋とじなら、何でもいいわけでもないのです。
中谷センセイ、「はっきり言って、袋とじは好きです」とカミングアントしながらも、興味がないものは絶対あけないという毅然とした態度をとるのだとか。

ちなみに、どんな企画なら袋とじをあけるのかというと……
『からだにいいこと』(2007年6月号) に
「カップル・ベッドサイドDE相談室
女性から誘ってみたら初めての快感がやってきた!”」
という企画がありました。
これは、開けます。
『死ぬまでにしなければならない101のH』を、
実践してみたカップルの体験談でした。
自分が書いている企画でした。
なるほど。
まあ、自分好きじゃなきゃこういう仕事しませんものね……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-05-21 01:25 | 本・出版
中公クラスでも、こういう人がいるんですねぇ。

新卒採用の書類選考をしてみた。(婦人公論 the 90th anniversary blog)
あとなぁ……にわかに中谷彰宏ぶるつもりはないのですが、
読んでいてどうしても気になったことを2つ、書いていいですか。
(中略)
2つめ。書いたら、読み返しましょう(切実)!
こんなエリートも誤字を書くんだな~、と妙な感心してしまいました。
とくに社名の間違いは致命的です。うちの会社は
中央公論社」じゃなくて「新社」、ね?
まあ、社名間違えた→即不採用てわけでもないでしょうが、そういうつまらないミスで印象を悪くするのはバカバカしいので、気をつけましょう。

なお、以下に出版業界でありがちな書き間違い・言い間違いをいくつかあげます。
*コメント欄に寄せられたものも一部採用しました。あと、途中からはネタです……

*わりとまじめに集めたよ編
・河出書房新社の「新」を忘れる
・主婦の友社と、主婦と生活社を間違える
・大和書房と、大和出版を間違える
・実業之日本社と、日本実業出版社を間違える
・ゴマブックスと、ごま書房を間違える

*しかも、ごま書房の新書シリーズは「ゴマブックス」という名称らしい
・ワニブックスと、ワニマガジンを間違える
・晶文社と、昭文社を間違える
・エクスメディアと、エクスナレッジを間違える
・コアミックスと、コアマガジンを間違える
・週刊女性、女性セブン、女性自身の版元がごっちゃになる

*左より、主婦と生活社、小学館、光文社の発行
・幻冬舎を「幻冬社」と表記する
・ダイヤモンド社を「ダイアモンド社」と表記する
・暮しの手帖社を「暮らしの手帳社」と表記する


*どうみてもネタですよ編
・アスペクトと、アスベストを間違える
・ディスカヴァー21と、センチュリー21を間違える
・大修館書店を「体臭館書店」と表記する
・かんき出版を「寒気出版」と表記する
・Dos/Vマガジンを「ドスコイマガジン」と表記する
・英治出版の採用試験で、「デラぺっぴん」の思い出を熱く語る

*それは倒産した英知の出版物だってば……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-05-16 07:57 | 本・出版
以前書いた、アダルトビデオの「馬鹿パク」タイトルを、思いっきり堪能しよう。の待望の続編です。
(誰も待っていなかったかもしれませんが……)

今回のネタ元は、アルファルファモザイクより「映画のエロパロAV見た人いる?」

それではさっそく引用します(一部、前回とのカブリあり)。

ハメナプトラ 黄金のフェラミッド
69コカンズ
エロティック・パーク
ミッション・チンポッシブル
アナ・ライク・ミー
トリプルSEX
チャーリーズ・マンジェル ディープスロットル
コカン・ザ・グレート
SEX-MEN
チク・ビル
マゾリックス・エローデット
トゥームレイパー
ザ・ビーチク
肉弾バトルロワイヤル
サワリーマン禁太郎
エロ猿の惑星
エロム街の悪夢
エッチ・ミー・ウフン・ウー・イヤン
ハメリカン・ビューティー
フェラディエーター
パイパニック
タフミネーター
タツミネーター2
ヤリヴン
イーオンナ・セックス
チンコ・リトル
有頂天ラブホテル
少林ファッカー
戦場のオナニスト
アナル二ア物語 ライオンと裸女
ダヴィンチンコード
パイオーツオブカリビアン
エロビの蜂
嫌われマンコの一生
ペニスの王子様
尻穴
ココ尻
イカくさレスラー
アイス・エッチ2
パイチェック 消された我がセックス記録
こきせん
ヤリック
濡れる捜査線
スパ淫ダーマン
ヌードオブザリング・マラの仲間
ヌードオブザリング・二つのマラ
ヌードオブザリング・王の股間
アダムスコ・ファミリー
エロビアの泉
女子十二尺棒
沈黙の変態
バックトゥーザティーチャー
プロジェクトSEX
エロスピード
エロスピード2
セーラー服と一晩中
スケパン刑事
パイパニック
ファック・トゥ・ザ・ティーチャー
ミッション:インサートフル2(M:I-2)


なお、今回の<バカデミー賞>は「エッチ・ミー・ウフン・ウー・イヤン」にあげたいと思います。
無理やりすぎるだろ!
[PR]
by aru-henshusha | 2007-05-08 02:26 | エロ