ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

タグ:ネタ ( 224 ) タグの人気記事

いや、僕が勝手に言い張ってるわけじゃないんですって……

めちんちん(Wikipedia)
めちんちん(雌珍々と表記)とは、生殖器の呼称におけるおちんちんの対義語として1990年代に提唱された、女性生殖器を指す言葉とされる。児童向けの性教育(保健体育)に用いられるべく発明され、本来猥褻な意味は含まれない。
(中略)
なお同種の教育的な表現としては、過去に「おぱんぽん」「おまぽこ」「ワレメちゃん」「おてんてん」という呼称を推進しようという動きがあったが、結局定着しなかった。"人間と性"教育研究協議会などは「おちょんちょん」を普及させようと、粘り強く働きかけを進めている。

この呼称を“発明”したのは、埼玉県教育委員会であるという説がある。
「ワレメちゃん」や「おまぽこ」よりは、「めちんちん」のほうがいいですかねぇ。
でも実際、教育現場や家庭では、なんと呼んでいるんでしょうか……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-05-06 16:04 | 名言・言葉
c0016141_983827.jpgいや、この「ダサさ」が、いかにもルー大柴っぽくてイイとは思うのだけど。

カバー見ただけじゃ、絶対マガジンハウスの本だとは思わないよね、これ……

しかも、タイトルが、
ルー 炎上! 恥かけ、汗かけ、涙しろ
「昭和」の匂いがプンプンしますな。

ちなみに、マガジンハウスの商品紹介ページでは、ご本人によるPR動画も見られます。


久しぶりに動いているルーを見た気がするのだけど、やっぱり暑苦しい人です……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-21 09:23 | 本・出版
これはもう、とくに解説なしでサラっと。男ってバカですね……
c0016141_185615.gif

ネタ元:ザイーガ:【画像】女性がとってはいけない8つ体勢
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-17 01:11 | エロ
猫ニャンの法則
*以下は抜粋。ぜひリンク先で全部お読みください

猫の返事の法則
1. お腹がすいているときは、かわいい声で返事をする。
2. めんどくさいときは、とりあえずしっぽで返事をする。
3. 飼い主がくしゃみをすると、ふつうに返事をする。

猫の朝における考察
1. 猫は、枕元近くの物を落とし、眠っている飼い主を起こす。
2. それで起きない場合は、布団からわずかにはみ出している飼い主の足に噛みつき、確実に目覚めさせてくれる。
3. 猫の朝は早い。

猫の室内行方不明の法則
1. 猫が飼い主の視界から消えしばらく戻ってこない時、今猫がいる場所では大変な事態が発生している。
2. また、それに気付くのが遅いほど後始末が面倒になる。

猫と新聞に関する考察
1. 猫がやってきて座ろうとしている場所は、今まさに読んでいる記事の上である。
2. 猫がいつになくおとなしく座っている場所は、最も読みたい記事の上である。

猫とスーツの法則

1. 猫がじゃれついて足に絡んでくる時は、自分の持っている中で最も値段の高いスーツを着ている時である。
2. また、その日は猫の爪を切る直前の日である。

猫と室内装飾品の方程式
1. 猫に室内の装飾品を破壊される確率は、その値段に正比例する。


こういう気まぐれなところが、かわいらしく、またうらやましくあるんですよね……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-12 13:10 | 動物・植物
ひさしぶりに、占い・判定系のネタです。

Tシャツメーカー

こちらのサイトで、「ある編集者Tシャツ」をつくってみたところ、以下のように……

ある編集者Tシャツ

柄のダサさも驚きですが、成分?の内訳も何というか。

底知れぬ性欲、間違ってない気もするけどさぁ……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-12 00:52 | 占い・判定
いやぁ、面白いですわ、このジェネレーター。

村上春樹風に語るスレジェネレーター

好きな単語を入れると「村上春樹風」に語ってくれるというので、さっそく「編集者」を入れてみました。以下は、生成された文章からの抜粋。

完璧な編集者などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。


「ね、ここにいる人たちがみんなマスターベーションしているわけ? シコシコッって?」と緑は寮の建物を見上げながら言った。
「たぶんね」
「男の人って編集者のこと考えながらあれやるわけ?」
「まあそうだろうね」と僕は言った。「株式相場とか動詞の活用とかスエズ運河のことを考えながらマスターベーションする男はまあいないだろうね。まあだいたいは編集者のことを考えながらやっているんじゃないかな」
「スエズ運河?」
「たとえば、だよ」


「編集者?」と僕は聞いた。
「知らなかったの?」
「いや、知らなかった」
「馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」とユキは言った。
「彼にその趣味があるかは知らないけど、あれはとにかく編集者よ。完璧に。二〇〇パーセント」


僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたの編集者」と呼んだ。


僕はなんだか自分が編集者にでもなってしまったような気がしたものだった。
誰も僕を責めるわけではないし、誰も僕を憎んでいるわけではない。
それでもみんなは僕を避け、どこかで偶然顔をあわせてももっともらしい理由を見つけてはすぐに姿を消すようになった。


彼女は小馬鹿にしたような顔つきで我々を見た。
雨上がりの舗道に落ちている編集者でも眺めるような目つきだった。


「それから君のフェラチオすごかったよ」
直子は少し赤くなって、にっこり微笑んだ。
「編集者もそう言ってたわ」
「僕と編集者とは意見とか趣味とかがよくあうんだ」
と僕は言って、そして笑った。
彼女は少しずつ編集者の話ができるようになっていた。



もう、編集者っていったい何なのよ……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-03 02:44 | ユーモア・ネタ
前の二人がかなり強烈なだけに(参考:KAT-TUN田中語録は、あの押尾語録を超えられるか?)、なかなか次のスターは現れないかと思っていたのですが、ジャニーズから、また新たなる挑戦者が……

「伝説語録」の新旗手として注目が集まる長瀬智也(Ameba News)

う~ん、どうでしょう。まだまだ「お塩先生」のレベルには達していないでしょうか……

ただし、
■V6の「MUSIC FOR THE PEOPLE」を「みゅーじっく・ふぉー・ざ・『ぴーぽー』=サイレンさえも音楽に聞こえるぜ!」という歌だと思ってた。
というエピソードには、ついクスリとしてしまいましたが。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-03-26 13:23 | 名言・言葉
普段、芸能時事ネタはあまり取り上げないのですが、これには興味を持ちまして……

夏川純は26歳 ブログで「年齢3歳サバ読み」認める(エキサイトニュース)
グラビアアイドルとして人気の、タレントの夏川純さんが2007年3月22日、自身のブログで本当の年齢が26歳であることを明かした。これまで夏川さんはプロフィールを1983年生まれの23歳としていたが、実際は3歳サバを読んでいたことになる。
で、こちらがそのブログの記事。

ファンの皆様へ(夏川純公式ブログ 『Natsujunの日記』)
いつも応援してくれてありがとうございます。今、一部メディアで私の年齢につきまして色々な報道がされていますが、お騒がせして、申し訳ありません。私の本当の年は1980年9月19日生まれの26歳です。
今まで3歳若く発表していました。理由についてですが、今の事務所に移った時、スタッフと相談して名前も変え、生まれ変わったつもりになり、又、10代の方々に応援してもらいたい気持ちが強く、19歳ということにしてしまいました。
(後略)
個人的には、赤字にした部分を、非常に興味深く読んだんですよねぇ。

今回の「サバ読み」を公式に認めるにあたって、やはり<それなりの理由>が必要だと思うんです。
その理由も、「グラビアアイドルは若い方が売りだしやすいから」なんてみもふたもないものだったとしたら、ファンは離れてしまうでしょう。

その意味で、

10代の方々に応援してもらいたい気持ちが強く、19歳ということにしてしまいました。

という(正直、意味がよくわからないけど)、何となく前向きさが感じられるこの理由は、それほど悪いチョイスではなかったのかもしれません。


というか、これからサバ読みがバレたときには、この「夏川純メソッド」を応用してみてはいかがでしょう?

(ex.)30代の女性が、交際相手に20代後半だとサバ読みしてたのがバレたとき

「私たちが出会ったとき、あなたはまだ26歳だったでしょう。20代のあなたに応援してもらいたくて、つい27歳って言っちゃったの……」

これで場が丸く収まったりして?(しないか)
[PR]
by aru-henshusha | 2007-03-22 14:45 | 芸能人・TV
「この時間まで粘って、こんなネタかよ」と、われながら悲しくなりますが……
長さ」が気になる男子に最適の下着とゴムをご紹介。

ウィリーメーター
c0016141_1554274.jpg
メジャーコンドーム
c0016141_159086.jpg
*ともにコンドマニアより


俺は長さだったら自信あるぜー、という方はこちらかと。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-03-20 02:04 | エロ
グラドル海川、屈辱の大開脚!次回、負けたらスキンヘッドに!?(livedoor スポーツ)
3月18日(日)、愛知県体育館で開催された『ハッスル21』。
第2ハッスル(第2試合)では、グラビアアイドル海川ひとみが再びハッスルのリングに登場。ハンディキャップマッチ(パートナーは、KUSHIDA、\(^o^)/チエ)で因縁深まるジャイアント・バボと激突した。
上の記事を読んでて、「おいおい、ひっどい誤植だなぁ」と思ったんですが、実際にそういう選手の方がいるんですね……

ハッスル天然少女 \(^o^)/チエ(ハッスル)
\(^o^)/チエ(Wikipedia)

「 \(^o^)/チエ」で、「ばんざい・ちえ」と読むみたいです。


そのうち、他の業界でも名前に顔文字を含む人が出てくるかも(もういるのかな?)。

たとえば、太宰(;-_-;) 「だざい・なやむ」とか……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-03-19 13:10 | スポーツ・格闘技