ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

タグ:ネット ( 63 ) タグの人気記事

最近、更新していないですよね?

ブログの更新が滞ると、知り合いからこう言われることが多い。
また、先日は似たようなコメントが、このブログに書き込まれていた。

言われたほうとしては、少々フクザツだ。

このブログの更新を楽しみにしている人がいて嬉しい、という思い。
更新できないくらい忙しいということを察してほしい、という思い。
そもそもブログの更新は義務じゃないんだがなぁ、という思い。

それらが同じくらい入り混じっていて、
正直言えば、更新できない日が続けば続くほど、
最後の開き直りの思いが強くなる。


たしかに、昔の僕は「完璧」と言えるほど、このブログをケアしていたように思う。

1日最低でも1記事はアップしたし、コメントがあればすぐに返した。
スパムコメントやトラックバックはその都度消して、
常に自分の目が行き届いている状態だった。


けれど、身も蓋もないことを言えば、昔の僕はそれだけ暇だったということだ。

このブログを作ったのは、僕が今の会社に転職してきてすぐのころである。

当時の僕と今の僕では、仕事量はまったく違うし、求められているパフォーマンスも違う。
ましてや、目先の仕事以外にも時間をとられることは多々あるし、
ブログの優先順位は相対的に下がっている。

昔のようなマメさでこのブログを運営するというのは、
残念ながら今の状態では考えにくい。


それでも、ときおり思い出したように更新するのは、
たとえ「いい加減」でも、続けたほうがいいように思えるからだ。

昔みたいにジャンジャン更新できるわけではないけれど、
それでも楽しみにしてくれる人が少数でもいるのなら、続けよう。

何より、ここは、自分が本当に言いたいことを、
誰に気兼ねすることなく書ける場所なのだから、続けよう。

そう思って、このブログは残してあるし、その存在は常に頭の片隅においている。


もちろん、完璧を目指して、長く続けられるなら、それにこしたことはない。
(自分だって、できることならそうしたい)

しかし、完璧を求めるがあまり、結局それが負担になって、
だったらいっそやめてしまえ、となるのは望むところではない。

「いい加減」なことは重々自覚している。
でも、いい加減でも「続けて」いる。

続けるからこそ、「書ける」のだし「読める」のだ。

僕にとってはブログを完璧にケアすることよりも、そちらのほうが重要である。


ある編集者は、みなさんが思うより、いい加減な人間である。
けれど、それくらいのほうが、今の僕には、いい加減なのだ。
[PR]
by aru-henshusha | 2009-06-24 02:07 | 不定期なヒトリゴト。
c0016141_23532612.jpg先日、中経出版さんから4冊献本いただいたと書きましたが、そこで紹介していなかった最後の一冊をご紹介。

一問一答3秒でわかるコンプライアンス
*アマゾンに書影ないけど、大丈夫ですか?→現在はバッチリですね

「コンプライアンス」はよく「法令遵守」と訳されていますが、企業が経営・活動を行う上で、法令や各種規則などのルール、さらには社会的規範などを守ること、を指します。

この本では、そのコンプライアンスをクイズ形式で学べるというわけです。


本の中には70問のクイズが収められていますが、僕が気になったのは以下の2問。

Q34 会社で個人のブログを更新した


→どうなる!?
A懲戒処分の可能性がある
B懲戒処分にならない


Q36 ブログに新製品の開発ウラ話をのせた


→どうなる!?
A懲戒処分の可能性あり
B懲戒処分の可能性なし


さて、これらの答えは、どちらも「A」。

詳しい解説は本文にあたってほしいいのですが、勤務中のブログ更新は「職務専念義務違反」「不正使用」などにひっかかるし、裏話として社外秘の情報について書いた場合は「守秘義務違反」にあたるのだとか……。

当ブログ、コンプライアンス的にちょっと問題ありそうですね……。
以後気をつけますので、なにとぞお目こぼしを。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-03-31 00:11 | 本・出版
ちょっと堅苦しい話になりそうなので、軽いネタが好きな人はスルーの方向でお願いします。


じつは、ここ一年ぐらいで、当ブログ(管理人)への「献本」がだんだん増えてきました。
早い話、「面白い本作ったので、ブログで紹介してよ」と、知り合いの編集者さんなり、ライターさんなりが、僕に本を送ってくるわけです。


ところが、僕としては、このブログには「自分が気になった」人・事・物しか取り上げないと決めています。
また、せっかくいい本を頂いても、つくりによっては「ネタ」として紹介できないものも少なくありません(ネタとして取り上げやすい本については、文末を参照してください)

それらの本は、せっかく送っていただいても、スルーしてきたのが現状です。


ただ、そういう「ルール」を厳密に運用していると、正直、心理的な負担は大きくなります。

相手としては紹介してほしい。こちらだって、できれば紹介したい。でも、できない。
そんな本がたまってくると、それはそれでストレスなのですね。

なので、その方針を少し変え、以下に、
「当ブログへの献本ルール」および「献本後の対応」
として明文化したいと思います。

●当ブログへの献本ルール
・すでに僕と面識がある方は、直接会社へ送ってください
(間違っても「ある編集者」宛とは書かないでください……)
・僕と面識がない方で、どうしても僕に送りたいという方は、付近に「ある編集者」を知っている人がいないか探してください。見つけられた場合のみ、「その人を経由する形」で送ってください(所属・個人情報を聞いたりはしないでください)
・プレスリリース等は同封いただいたほうが、アタリがつけやすくなるので嬉しいです

●献本後の対応
・基本的に「何日に紹介してくれ」というお願いには応えられないと思ってください
(ただいま、普通の記事の更新もままならぬほど多忙です……)
・「著者の方からいただいた」「出版社の方から献本された」という点は明記して紹介します
・いただいた本は<ネタにできるかどうか>で、次の2パターンで紹介します

 ①ネタにできない場合→「【献本】『書名』」という見出しをつけ、こういう本をいただきました、という事実とアマゾンへのリンクをはって、紹介します
 ②ネタにできる場合→オリジナルの見出しをつけ、本の面白いところを引用する形で「ネタ」として紹介します。アマゾンへのリンクもはります
・当ブログでネタにしやすいのは、こんな本です
 出版・仕事・恋愛・エロ系などの軽い読み物、あるいは名言集などで、面白い言葉・データが引用しやすいもの
・参考ですが、当ブログの平均訪問者数は現在1日2000人強です。正直、僕より先に献本すべきブロガーはたくさんいると思いますが、強いて言えば業界関係者の読者が多いのが強みかもしれません

*追記ケータイ小説は一冊読めば十分ですので、以降献本は受け付けません

まあ、ここまでゴチャゴチャ書いたら、かえって献本が来なくなるような気もしますが、それはそれで。
出版界の片隅にいる者としては、他社の本でも自社の本でも、面白い本は盛り上げていきたい、というのは正直な想いです。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-01-25 13:26 | 本・出版
昨日、かねてから告知していた、当ブログの「訪問者200万人突破記念オフ会」を実施した。

参加していただいたのは、同業者の方々、ライター、翻訳者、
経営コンサルタント、弁護士秘書、メーカーの方などなど。
仕事の内容も年齢にも幅がある12人で酒を飲み、楽しい一夜になった。


ところで、オフ会の中で、ある方からこんな質問を受けた。

ある編集者さんは、なぜオフ会をやろうと思ったんですか?

言われてみて、少々困った。

正直、「ブログの節目に何かをやってみたい」という単純な思いが発端なのだけど、
同時に、それだけではないような気がして、オフ会が終わったあとも、一人帰り道で考えていた。

今から書くのは、そこで考えて出した、一応の結論である。


学生時代、出版社を中心に就職活動をしていたころ、
訪問した会社の説明会で、こんなことを言われたことがある。

「編集者の名刺さえあれば、あなたたちは、たいていの『会いたい人』に会えるんです」

むろん、就職した会社の得意とするジャンルにもよるけれど、
この言葉はおおむね間違っていないと思う。

少なくとも、「本を出しませんか?」の一言で、
(結果、断れることはあっても)たいていの人に面会を申し込む理由にはなる。

その意味で、僕ら編集者は「普通なら会えなかった人」に会い、それを仕事をしている。


けれど、思うのだ。

「普通なら会えなかった人」というのは、べつに、本を出すような作家や学者、
芸能人や経営者だけじゃないよなと。


昨日、僕がオフ会でお会いした方々も、「普通なら会えなかった人」ばかりである。

同業者であっても、編集する本のジャンルが違えば、なかなか会う機会がない。
他の職種であれば、なおさらだ。

今回、オフ会を開かなければ、一生、交わることがなかった方たちかもしれない。


「普通なら会えなかった人」が多く集まる機会で一般的なのは、趣味のスクールなどだろう。

仮に僕がテニスをやっていたり、陶芸をやっていたりしたなら(どちらも柄じゃないが)
休みの日に、得がたい人との出会いがあったかもしれない。

でも、「趣味は読書。(orブログ。)」の僕としては、一番身近なのがオフ会である。
開催の手間は少々かかるけど、この機会は大事に生かしたい。


僕自身が「普通なら会えなかった人」に会えるのも嬉しいけど、もう一つ嬉しいのは、
「普通なら会えなかった人」同士が楽しんでいる姿のを見ることだ。


普段一堂に会さないだろう、経営コンサルタントと弁護士秘書とコピーライターが、
うちのブログのバカ記事を肴に、しょうもない話で盛り上がっている。

大げさな言い方かもしれないけど、そういう「場」を提供できることも、
僕がオフ会をやるときの、大きなやりがいである。

だから、ブログを続けている限り、オフ会も続けていくし、
オフ会を開くことが、ブログを続ける一つの原動力にもなるだろう。


毎日は相変わらず忙しいし、ままならぬことも多いけれど、
「普通なら会えなかった人に会える」仕事に就き、
「普通なら会えなかった人に会える」ようなブログを運営している僕は、
それなりに楽しく生きています。
[PR]
by aru-henshusha | 2008-01-13 22:23 | ネット・コンピュータ
この結果を知って、「どげんかせんといかん」なんて周囲でそんなに流行ってなかったぞ、と思った方もいるのでは?

僕自身もそう思っていたら、こんなランキングを見つけました。

今年の流行語大賞が発表。ネットでの関心は?(Yahoo!検索ランキング)
3日に発表された今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」、大賞に選ばれたのは東国原知事の「どげんかせんといかん」と、プロゴルフツアー最年少優勝の石川遼こと「ハニカミ王子」でした。さて一方、トップ10に選ばれた言葉の今年の検索数ランキングを調べてみると、こちらの1位はなんと「大食い」。大賞の「どげんかせんといかん」は最下位になるなど、意外な結果に。ニュース関連は検索数が伸びない!?
というわけで、Yahoo!では「大食い」が流行語(?)だったのだとか。
(まあ、この結果もしっくりいかない気がしますが)

ちなみに、今年、僕の周りでは月並みですが、「どんだけ~」と「そんなの関係ねぇ」を一番聞きました。
みなさんはどうでしたか?
[PR]
by aru-henshusha | 2007-12-09 01:05 | ランキング・アンケート
先ほど友人から、「うちのブログがYahoo! JAPANのニュースにリンクされている」というメールをもらった。
そんなバカな、と半信半疑だったのだけど、たしかにリンクされている。

*証拠1
c0016141_23121578.jpg
見つけたほうまでドキドキしちゃう? ヤバイ誤植の数々。という記事がそれ。
(まさに、見つけた自分がドキドキしてしまった……)

しかも、いまのところ、このニュースがトップページに出ているらしい。

*証拠2
c0016141_23174595.jpg
普段は1日2000人前後が訪れるうちのブログだけど、さっき見たら、すでに4万アクセス。

Yahooの威力のすごさは知っていたけれど、うちのブログがその恩恵に浴するなんて思わなかった。

さて、「以上、とっても嬉しかったです」で記事を結んでもいいのだけど、それではさすがに芸がないし、もう少しだけ書かせてほしい。


僕は以前、何人かの人に、もう少しブログの内容を絞ったほうがいいと言われたことがある。

おっしゃるように、うちのブログはけっこう「雑食」で、仕事とかかわる出版ネタもあれば、ときにはしょうもないエロネタをあつかっていたり、あるいは青臭い「青年の主張」的な雑文が載っていたりもする。

ネタのセレクトは、その時々でバ~ラバラ。
読者の中には、業界話を楽しみに覗いたのに、ほかのくだらない話ばかりが更新されていて、空振りした経験がある、なんて人もいたのかもしれない。


仮に、出版ネタだけに絞り込めば、それはそれで特定の読者の方々に支持されるのだろう。
EDITOR NAVIさんのように、出版業界を目指す学生たちに重宝される存在になれる可能性もある。

でも、それってやっぱり、「らしくない」んだ。
うん、自分らしくない。


このブログをはじめたとき、僕はあまり迷わずに、
ある編集者の気になるノート
というタイトルをつけた。

ポイントは、「気になる」の一語。
僕は、ジャンルにも、書き方にもとらわれず、その時々で気になっているものを、平等に取り上げようと思った。


当時の僕は、ビジネス書の編集を始めたばかりで、少なからず、それも影響していただろう。

仕事場での僕は、特定のジャンルを、狭く深く追っていく。
それは、やりがいを感じることではあったけれど、同時に少し窮屈な気もした。

でも、このブログは仕事で書いているわけじゃない。
だから、浅くても、ミーハーでもいいから、いろんな人・事・物を眺めた上で書いていこうと思って、キーボードを叩いてきた。


今回取り上げられた記事は、出版ネタではあるけれど、「自分らしい」視点で書いた記事だと思う。

今売れてる本がどうだとか、編集とはどうだとか、出版業界の問題点がこうだとか……
(それらはもちろん大事なことだけど)もっと間抜けでバカバカしい部分も出版業界にはあって、それをネタにちょっぴりでも笑ってもらいたい。

そんなつもりで、気軽に書いた記事だからこそ、多くの人の目に触れる機会を得られて本当に嬉しい。


これからも僕は、「自分らしく」ブログを書いていく。

まじめなことも書けば、バカバカしいことも書く。
ミーハーなネタに飛びつく一方で、マニアックな事物を取り上げたりもする。
キーボードに怒りをぶつけることもあれば、ときには救いを求めて、記事の「送信」ボタンを押すこともあるだろう。

僕にとっては、その全部が自分らしい。
その「らしさ」に、時々共感してもらえるだけで、僕はブログを書いていて本当によかったと思えるよ。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-09-19 00:01 | ネット・コンピュータ
ネット関連の本もたまには作ったりするので、僕もこの問題には悩んでいたんです。

経済産業省「電子商取引等に関する準則」を読み解く:(番外編)リンクを「張る」か「貼る」か(#Garbagenews.com)
Googleで調べてみると「リンクを張る」では111万件該当するのに対し、「リンクを貼る」では90.9万件。多数決では「張る」に軍配が上がるが、誤差の範囲内とも受け止められる。それでは何かもっと、確証はないのだろうかと色々調べてみると、疑問に答えてくれるページがありました。

それが中央大学助教授で言語学専門の【飯田朝子さんのページ】。こちらの「似ていて違う? ことば特集」の【第14回】にズバリな回答が。

それによると結論としては「リンクを張る」が適当であるという。「貼る」は元々「物を(広げ)他の物に糊や鋲などで付着させること」であり「張る」は「一点から伸びたものの先が広がる、糸・紐・綱・針金などを一直線に伸ばし、渡したりすること」を指す。ページを作成する際に、実行動としてはURLをコピーしてHTML上に貼り付けることから「貼る」としやすいが、自分のページがリンクフリーと表現したいときに「ご自由にリンクを貼って下さい」と書くと、相手側のページに直接リンクのURLをぺたぺたと貼りこんでしまうように読めてしまい不自然になる。

さらに解説では「Webとは元々クモの巣の意味であり、クモの巣のように世界に張り巡らされた情報網のことをWorld Wide Web(WWW)というのだから、そこから考えていけばリンクを『貼る』のではなく『張る』とするのも合点がいく」としている。
なるほど、「貼る」ではなくて「張る」ですか。

ブログをやっていると、リンクのタグをペタペタ「貼る」ことが多いものですから、「貼る」のほうが実感には合ってるんですがねぇ。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-05-30 14:36 | 名言・言葉
顔文字ランキング!よく使われるのは「(゚∀゚)」(ニュース-ORICON STYLE-)

c0016141_36498.gif
上のランキングだけ見ると、まるで大多数の人が「(゚∀゚)」を多用しているような印象を受けますが、実際はそうでもないようで。
総合1位に選ばれたのは、【笑顔系】。ニコニコした笑顔、汗を付け加えた照れ笑いなどの【笑顔系】の顔文字を使う、と回答した人が52.8%を占めた。
とあるように、あくまで系統だけを選ばせて、顔文字は代表的なものを添えた、というのが真相のようです。

ところで、「\(^o^)/」は【楽しい系】でいいんでしょうか?
人生オワタ\(^o^)/」のほうが見慣れているので、どうも違和感があるのですが……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-05-10 03:26 | ネット・コンピュータ
推理小説が解けない!答えはWEBで!の本登場(Ameba News)
最後まで読んでも謎が解けないという推理小説、『ノー・ソリューション ―解決編のない推理小説―』が、ふくろう出版より発表される。

では、どうやって謎を解くのか。その解決方法は、CMなどでもおなじみのWEBを連動させる手法だ。同書内に記載されているアドレスにアクセスし、ストーリーに関連するクイズをクリアすれば、解決編ページへいくことができる。
ノー・ソリューション(ふくろう出版)

たしかに新しい試みだとは思うのだけど、個人的には「微妙」の一言。
僕はどうしても、本は本で完結してほしいタイプの人間なので。


ちなみに、ビジネス書の世界では、新刊発売キャンペーン等とからめて、本には載せきれなかったノウハウをpdfファイルなどでダウンロードする企画がよくある。

ただ、「本には載せきれなかった」と書いてあっても、ボツになった原稿の再利用の場合もあるんだろうけどね……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-29 03:00 | 本・出版
そりゃ、覚えやすいに越したことはないんでしょうけれど……

米国で最もよくあるパスワードは「パスワード」 最新トップ10発表(ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会)
パスワード トップ10

1 password (パスワード)
2 123456
3 qwerty
4 abc123
5 letmein
6 monkey
7 myspace1
8 password1
9 link182
10 自分の名前
かなり「直球勝負」なパスワードが多いようですね。

ところで、なぜにmonkey???
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-27 02:55 | ネット・コンピュータ