ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha
いや、これはまさしく「部下のかわりに上司が出てきた(そして、しょうもないコメントをした)」のが、問題だと思うんだけど。

まず、炎上の経緯はこちらで確認。

[あじさい日記]コメント欄に文化部長が降臨(俺のターン)

で、件の記事。

いよいよ終章です。(あじさい日記ブログ〜美人編集者のつぶやき)
(cache) いよいよ終章です。*念のためキャッシュも

以下が、突如光臨した片山雅文・文化部長のコメント。
はじめまして。Uの上司です。このブログに書き込みをするべきかずいぶん悩みましたが、今月いっぱいで終了する前に一度はきちんとお答えすべきと考えて、これを書いています。

決して皆さんのご意見を無視していたわけではありません。言いたいことは山ほどありますが、立場上言えないことをご理解ください。

新聞連載とブログの連動という初めての試みにUは懸命に取り組み、がんばりました。Uに対する個人的な中傷や批判はご容赦ください。

当初は読者の皆さんとの対話を意図したブログでしたが、残念ながら途中からは所期の目的からはずれる結果となりました。しかし、Uに書き込みに返答しなくてもいいと指示したのは私です。

内容的にかなり厳しく、回答すれば収拾がつかなくなると判断したからです。もちろん「自分たちは間違っていない」「正しいことを言ったまで」と思われる方も多いと思いますが、立場を変えてご自身がUのポジションになったときのことを考えてみてください。おそらくは、とても1人で対応できる状況ではなかったと思います。

「今頃のこのこ出てきて何じゃ」というお叱りもあるでしょうが、ともかく、全ての責任は文化部長たる私にあります。ただ、いろいろとご指摘いただいた以上に連載小説をめぐっては諸事情があるのも事実です。その辺りをご賢察の上、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

なお、5月1日からは山本一力さんの連載小説「ほうき星」が始まります。人気作家には数年前からカ『予約』を入れないといけないという昨今の状況下、私自身が連載を決めた初めての作家さんです。

江戸・深川を舞台にした女性の一代記ですので、どうぞご期待ください。
赤字で示した部分、とても「部下愛」が感じられる表現だと思う。

けれど、担当者のかわりにいきなり上司が出てきて、

「かわいい部下が頑張ってやったことなんで、まあ、許してくださいよ」

といわれて引き下がる人たちは、もともと熱心にコメントなんて書かないだろう。
(だいたい、取引先の社員がミスしたのと違うんだしさ)


あと、青字の部分からは、

「とにかく、空気を読んでさ。ほら、何となくわかるでしょう? こっちもいろいろ大変なんだってば」

というニオイがプンプンして、やはり取引先でもないかぎり、簡単に意を汲んではくれないと思う。


ちなみに、いいわけの言葉はあっても、謝罪の言葉はないようで……
そこが一番の問題かなぁ。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-25 13:16 | ネット・コンピュータ
下にリンクした記事、すべて「障害者に関する世論調査」(内閣府)についてのものなんですが……

「障害者への差別・偏見ある」8割超…内閣府世論調査(YOMIURI ONLINE)
障害を理由にした差別、「ある」8割超す 内閣府調査(asahi.com)
障害者調査:差別や偏見、8割強が「ある」(MSN毎日インタラクティブ)
障害者への差別や偏見、「ある」が8割超・内閣府調査(NIKKEI NET)
障害者の手助け、7割が「経験あり」 世論調査のたびに増加(Sankei WEB)

皆さん、これを見て気づかれたことがありますか?
そう、一番下の産経の記事だけ、見出しがまったく違うんです。

(ここに挙げた)ほかの4紙は、すべて、
<障害者への差別や偏見があると思うと答えた人は全体の8割を超えた>
ことを見出しでアピールしています。

それが、間違いだという気はありません。

でも同時に、産経が伝えたように、
<約7割の人が障害のある人の相談に乗るなどの「手助け」経験がある>
という調査結果も出ているのです。
*このデータを産経以外で伝えたのは、(ほかの4紙では)読売だけ


障害者にたいする理解や支援がいぜん不足しているというのは、きっと、各紙が伝えるとおりなのでしょう。

けれど、今回の調査では、そういったネガティブな状況だけが伝えられているわけではありません。
この「手助け」経験について以外にも、
<5年前に比べて差別や偏見が改善されたと思うか」の質問では、「改善されている」が57.2%で、「改善されていない」の35.3%を上回った>
という結果が出ています。

ところが、毎日の記事にいたっては、これらの情報がまったく載っていません。
これでは、毎日だけ読む(webで見る)人と、産経だけ読む(webで見る)人では、今回の調査についてだいぶ違った印象を受けるはずです。


もちろん、人によっては、今回の産経の取り上げ方のほうがオカシイのだ、という人もいるでしょう。
それは、本当にそうなのかもしれないし、人によっては意見が分かれるところかもしれない。

ただ、一つだけいえるのは、どんな新聞でも(あるいはどんなメディアの媒体でも)、けっきょくは「伝えたいこと」を「伝えたいように」伝えたがる傾向があるということです。

その癖が各媒体の「個性」といわれればそれまでかもしれませんが、ともかく癖や偏りが存在する、というのを頭に入れるのが、メディアとの付き合い方の第一歩なのだと思います。

当たり前っちゃ当たり前のことですが、顕著な例を見つけたので、珍しくかたいことを書いてみました。
[PR]
by aru-henshusha | 2007-04-08 00:39 | マスコミ全般
この記事、ちょっとおかしくないですか?

上原多香子:バレンタインの苦い思い出とは 「爽健美茶」新広告キャンペーン発表会
(MSN毎日インタラクティブ)

いや正確にいうと、記事というか「写真のセレクト」が変なんです。

発表会に登場した左から長谷川潤さん、相沢紗世さん、上原多香子さん
もっと見たい方は↑写真↑をクリック!


とまで書いてあるのに、相沢紗世が写っている写真が、この一枚しかないんです。
(しかも、3人の真ん中だから、仕方がなく載せてるってかんじ)

あとは、延々、上原多香子と長谷川潤の写真ばっかり……


何でこうなったのかは知る由もないんですが、ひとつ可能性があるとしたら、相沢紗世が過去に日経新聞のCMに出てたのが問題なのかなぁと。

でも、それはいくら何でも大人気ない理由ですよねぇ……


詳しい事情を知っている方がいたら、(コソッとでもいいので)教えてほしいです。

あと、他の二人はいいので、相沢紗世の写真がもっと見たい……
[PR]
by aru-henshusha | 2007-02-02 20:30 | マスコミ全般
まあ、本当は大して伝えたいことがないから、こんなグダグダな形式なのかもしれませんが。

asahi.com :天声人語 2006年10月18日(水曜日)付(はてなブックマーク)

コメント見なきゃ、「代理母批判」だということさえ気付かなかったかも。

つたえたいことがあるなら、さんりゅうのポエムみたいなぶんたいをえらぶのではなく、ジブンのいけんをろんりてきにつたえうる、へいいなじつようぶんをかくべきだと、とうブログのカンリニンはおもっています。

あ、「バカ日」文体がうつった……
(ね、読みにくいでしょ)
[PR]
by aru-henshusha | 2006-10-20 05:21 | マスコミ全般
以下の記事を見て、ふと思いついた新書用企画(って、タイトル・オンリーだけど)。

マスコミ犯罪ランキング1位は日経 今年既に逮捕者6人、質・量とも最悪
記事内の図の拡大版(ともにliveddorニュース)

ただし、このタイトルだったら、日経新聞(および系列の媒体)には、広告であろうが記事であろうが、絶対載りませんよねぇ……

もっとも、ライバル紙がこぞって取り上げるかもしれないけど。


ちなみに、上の記事をもとに新聞各社の「犯罪者割合」(2006年)を出してみました。
・日経新聞:3644人中、逮捕者6人→607人中に1人
・毎日新聞:約3500人中、逮捕者2人→1750人中に1人
・朝日新聞:6275人中、逮捕者2人→3136人中に1人
・読売新聞:5722人中、逮捕者1人→5722人中に1人


*ただし、朝日の場合、社長Jr.がカウントに入ってます。社員数は各社HP調べ
う~ん、たしかに群を抜いて高いなぁ。
[PR]
by aru-henshusha | 2006-10-11 12:50 | マスコミ全般
朝日新聞社って、どうしてこんなに高い望みを掲げるんでしょうねぇ…

c0016141_1327477.gif読者のみなさまへ(朝日新聞社)

朝日新聞社では、読者の皆様に信頼、満足していただくために、別表にありますCS(顧客満足)指針をもとに、社内でさまざまな努力を続けています。

とあるんですが、こういう事が起きてしまうと、言葉だけが空回りしている印象を受けますね。

本社記者が酒気帯び運転 甲府

いっそのこと、CS指針も以下のように書き換えたほうがいいのでは?

朝日新聞社・新CS指針

1.それは、読者の「ネタ」になれる情報か
2.それは、すべての点で笑われる品質か
3.それは、世間から後ろ指をさされる行動か


これでしたら、顧客満足度ナンバー1間違いなしですよ。
[PR]
by aru-henshusha | 2006-09-21 13:39 | マスコミ全般
ずっと書籍畑なので原稿料の相場ってよく知らないのだけど、3億円っていったい何本分の原稿料になるのかねぇ。

日刊ゲンダイ経理部長、3億円着服か(イザ!)

そもそも、10年がかりで着服していっても年3000万円の計算でしょう?
いやいや、この人が大胆なのか、日刊現代のチェック体制が甘いのか。

ともかく、その桁の大きさにビックリしたのでありました……
[PR]
by aru-henshusha | 2006-07-04 20:53 | マスコミ全般
少々辛らつではありますが、あの言葉のチカラとやらより、よっぽど朝日の実像をあらわしているようにも思えます。

【天声人語】【こ】【い】【ず】【み】【じゅん】【いち】【ろう】(mumurブルログ)

【あ】ありもしない出来事をでっち上げ
【さ】サンゴ事件で一躍有名
【ひ】「人の痛みを理解しろ」というが
【しん】死んだ日本人には全く無理解
【ぶん】ブンヤとは名ばかりの捏造メディア 朝日新聞


これほど「言葉のチカラ」を感じるコピーも、なかなかないですぜ。

私事:明日、終日取材のため、更新は夜9時以降になります
[PR]
by aru-henshusha | 2006-06-22 23:56 | マスコミ全般
まあ、日経の記者にもちゃんとした人はいるだろうし、「ババ」をひいてしまっただけだとは思うのですが。

日本経済新聞社 消費産業部の記者(ポットの日誌)

経緯をざっくりまとめたうえで、新人記者向けの注釈を(全部当たり前のことですが)。

1 日経記者の某氏、記事制作に関して伏見憲明氏に質問したいことがあると、ポット出版にメール(沢辺氏が対応)。
  しかも、返事はできればその日中にほしいと。

(注1 締め切りまでのサイクルが短いので1日で答えがほしいのもわかるが、相手だって1日丸々あいてるわけじゃないし、できれば避けたい。
どうしようもないときは、「本当に申し訳ないオーラ」を出すこと。1日で答えるのが当然、みたいな態度は最悪)

2 伏見氏、その日のうちに日経記者へ回答。
  2日後、該当記事は出たが、日経記者から音沙汰なし

(注2 掲載紙が出たら郵送、それが困難な場合該当ページFAXが基本。
後述するけど、質問の回答が盛り込めなくても、記事が出たぐらいは言おう)

3 数日後、沢辺氏、記事掲載の確認等についてメール。
  日経記者、シカト

(注3 ここで電話1本いれとけば、まだ丸く収まったのかもしれないが……
スルーしていいメール・いけないメールの区別がつかないのは、社会人として致命的)

4 数日後、沢辺氏、直接電話。
  日経記者、「伏見さんには、参考になる話を聞けなかったので……」の名台詞。

(注4 回答を記事にうまく盛り込めなかったからといって、何の連絡もしないのはマズい。
相手はその後どうなったか気になってるのだし、「紙幅の関係でうまく盛り込めず、済みません」とでも言っておけば印象が全然違うのに)

5 2日後、やっと掲載紙のFAX来る。
  「ご参考までにお送りいたします。
  何らかの引用などをお考えの際は、弊社、著作権管理センターまでご一報ください。
  よろしくお願いします。
」の名台詞2。

(注5 グダグダ著作権のことなど書く前に、まず謝るべし)

というわけで、1~5まで「フルコース」でやる人はなかなかいないと思うのだけど、新人記者(雑誌含む)は他山の石としてください。

記者と編集者はお互い仲良くしておいて損はないのだから、ちょっとの手間を惜しんで、敵を増やしたりしないように。
[PR]
by aru-henshusha | 2006-06-15 13:30 | マスコミ全般
ホリエモンが拘置所から(弁護士を通じて)乙部さんに伝えたというメッセージ。
各紙によって、微妙に違うんだよねぇ……

乙部綾子さんにホリエモンから激励(日刊スポーツ)*リンクはexciteニュース
>『(乙部さんは)どこに行っても大丈夫だから

元ライブドア広報・乙部さんが「楽しい」芸能プロ初仕事(サンケイスポーツ)*リンクはexciteニュース
>『僕はどこでも一緒だからね

乙部さん久しぶり公の場、仰天告白…拘置所のホリエモンと“文通”してました(スポーツ報知)*リンクはlivedoorニュース
>「どこに行ってもやることは同じだから

どうみても真ん中のは違うと思うんだけどなぁ……

何でこんなに各紙で違いが出るんでしょうね、記者の方々。
[PR]
by aru-henshusha | 2006-06-04 10:55 | マスコミ全般