人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

知人が増えれば増えるほど、書きたいことが書けないのである。

最近、更新が滞っていてすみません。

更新頻度が落ちているのには物理的な忙しさもあるんですが、もう一つ理由があります。
正直、書きづらくなってきたんですよね。いろいろなことを。

いまの会社に転職してから、僕は業界内の知人が随分増えました。
編集者、ライター、出版プロデューサー的な人、等々……
そのなかには、僕がこのブログを書いていることを、知っている人も少なくありません。

このブログを何度かご覧頂いた人々はわかると思いますが、僕はこの業界についてかなり好き勝手なことを書いています。
自社のこと、他社のこと、著者のこと、書店のこと。
ときに論理的に、ときに感情的に、ネタにされた人が読めば嫌がるようなことも書いてきました。

しかし、それを可能にしてきたのは、あくまで僕が「ある編集者」だったからだと思うんです。
僕が「ある編集者」だからこそ、どこの誰だか知らない奴が好き勝手言っているよ、で済んできた。

いまは、というかこれからは、それでは済まない場面が増えるでしょう。
どこの誰が書いているかを知っている人が増えてきているうえに、この業界は思っていたよりはるかに狭いので。

まあ、ここまで書いてきたことは、しょせんは僕のグチ・言い訳にすぎません。
選ぶべき道は二つに一つしかないことは、僕にもわかります。

衝突を恐れて口を慎むか、衝突を承知で言いたいことを言うか。

で、僕はこれまでの人生でも、結局後者ばかりを選んできました。
自分が死ぬときに、言いたいことの何分の一も言えなかったなぁ、と思うような生き方が一番嫌なので。

ネットの世界に限ったことではありませんが、知人が増えれば増えるほど、自分の発言に縛りが増えるのは当然です。
でも、その縛りの半分は、自分自身が勝手に作り上げているものなのかもしれません。

「ある編集者」は、これからも書きたいように書いていきます。
もちろん、そのことにたいする、お叱りや訂正にはできるだけ真摯に対応いたします。
関係者の方にはご迷惑をかけるかもしれませんが、ご容赦ください。

ただし、こういうブログが一つぐらいはあってもいいよなぁと、甘えた考えを持っている次第です。
by aru-henshusha | 2005-04-04 13:46 | ネット・コンピュータ