人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

面接で厳しい質問をされるのは、見込みがある証拠?

「遺跡へ行くぞ!」管理人のつぶやきに、出版社における面接の裏側が少しだけ書かれていた。

入社試験の面接官やります。

なかでも、「通そう、と思った学生には厳しい質問を、無理だな、と思った学生には言いたいことを言わせて、気持ちよく帰ってもらうこと」という部分は、なるほどなと思う。

どうせ落とすなら、会社に対していいイメージを持ったっまま帰ってほしい、という思惑もあるだろうしね。

ただ、(先週の『働きマン』にも描かれていたように)編集者だって人間ですからね。
気が乗らないときには、落とす落とさないに関わらず、邪険な対応をすることもあるでしょう。

僕も新卒の時の講談社の面接では、ぼろくそ言われましたよ。
まあ、「ホットドッグプレス」第一志望というのが、気に食わなかったのかもしれませんが。

追記
先方のブログが記事を上げなおしていますが、探せば見つかると思います。
by aru-henshusha | 2005-04-09 00:45 | 商品・企業・仕事