人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

ブログ普及のカギを握るのは、「発信」と「反応」<僕のへなちょこブログ論>

先日書いた、はたしてブログは、これ以上普及するんだろうか?という記事にたいし、「週刊誌記者の日記」さんから反応があった。

そのフォローとして、ブログ論めいたものを書いてみようと思う。

もっとも、僕自身はブログ暦半年に満たないうえ、この分野の知識も非常に浅い。
いつもながらの「主観・体感」的な意見にならざるを得ないことを、先に断っておく。

そもそも、ブログ(あるいはそれ以外の個人的なHP)を人が始めるには、多かれ少なかれ、何かを「発信」したいという意思が働くものであろう。
「発信」というと主張・意見なんて堅苦しいものに思われそうだが、自分の日常やら、読んだ本の感想、おいしいお店の紹介なども「発信」であることには違いない。
平たく言えば、他人に伝えたいことがあるかどうかだ。

しかしながら、世の中に、ネットという空間で不特定多数の他人に伝えたいことがある人は、どれだけいるのだろう?

不特定多数の人間に、恒常的に何かを「発信」するのは、なかなか骨の折れる作業である。

まずはネタがなくなるし、そのうち更新の作業も面倒くさくなる。
コメント・BBSなどがあれば、嫌な反応を目の当たりにすることも少なくない。

それらのマイナスにめげずに「発信」したいものを、一体どれだけの人間が持ちうるか?
こう考えたときに、「週刊誌記者」友澤氏が言う「ネットになじんでいる人のうちの10人に1人くらいは自ブログを持っている」という状態は、思った以上に高いハードルではないかと僕は思う。

(むろん、一時的にブログを持つ人の数はこれからどんどん増えるのだろうが、その中で1年後に更新している人がどれだけいるかというぐらいのスパンで僕は考えている)

次に、ブログで恒常的に「発信」するためには、他者からの「反応」が不可欠ではないか。
これは、コメントでもトラックバックでも、あるいは知人の「昨日、ブログ見たよ」という一声でもいい。
これらの「反応」があるのとないのでは、「発信」するためのモチベーションは断然違う。

けれど、それらの「反応」は、やはり「発信」のレベルと連動するだろう。
言い方は悪いが、つまらない記事に反応がないのは当然だ。
また、たとえ面白い記事であっても、記事の書き手のレベルが高いゆえに、うかつに「反応」はできないと読み手が思うことも、ブログの世界では少なくないように感じる。

それゆえに、「発信」すれども「反応」がなく、自分の「発信」するものへの自信が揺らぐケースは多いだろう。
あとは、更新頻度が落ち、廃墟と化すだけだ。

まあ、あまり長々と書くほどの話ではないし、結論をまとめよう。

ブログの(瞬間的でない)普及を考えるにあたって、まず「発信」したいものがある人がどれだけいるか、そしてその「発信」はつねに一定の「反応」を得られるレベルのものであるかが、重要だと僕は思う。
その二点をクリアできる書き手がそうはいないという前提で、ブログはそれほど普及しないというのが、僕のいまの見方である。
これが結果的に正しいのか間違いなのかは、もちろんわからない。

ただ、僕のブログにしても、「週刊誌記者の日記」にしても、いつ「発信」することが尽きるかもしれないし、読み手の「反応」がなくなるのかもしれない。

べつにブログに限ったことではないが、始めるのは簡単でも続けるのは難しい。

追記
僕のブログ観というのは、しょせんこの程度のものなので、これ以上のフォローはしません。
だいいち、こんな拙文を一生懸命書いたところで、何か得するわけでもなし。
「発信」するって、本当に大変ですな。
by aru-henshusha | 2005-05-01 01:01 | ネット・コンピュータ