人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

ブログの記事を書くよりも、コメントの返事を書くほうが大変だったりする。

さきほど、長野智子blogで、コメントについてという記事を見つけた。

ようは、多忙でブログのコメントの返事が思うようにできず、コメント欄ごとなくしてしまったという主旨の話である。

この話を読んで、前々から気になっていた疑問を思い出した。
それは、ブログの運営者にとっては、へたをすると、記事を書くよりコメントの返事を書くほうが大変ではないかということだ。

もちろん、これは僕がそう思っているだけで、他のブログ運営者の方は、全然そんなことは思っていないのかもしれない。
その場合はその場合で、1つの特殊な例として、記憶していただければ幸いである。

さて、なんでコメントの返事を書くのが大変なのかというと、それはひとえに「気をつかう」からだ。
僕のそっけないコメントを読んだことがある人は、「あれで気をつかっているわけがない」と思うかもしれない。
でも、それはたまたま「完成形」のコメントがそっけなかっただけであり、その過程では「さて、どう書くべきか」と人知れず悩んでいるものなのだ。

僕のブログにコメントを残していく方々は、2、3の例外を除いて、実生活では面識のない人ばかりである。
何度かコメントをいただけば親近感もわくけれど、実質的には「知人」未満の人々と言ってもいいかもしれない。

だから、こちらとしては失礼のない対応をしたいし、そのぶん余計に気をつかう。
たかがコメント欄のやりとりといえども、「対話」であるかぎり、相手の存在を気にかけずにはいられないということだ。

(もちろん、顔見知りだからといって、ぞんざいな扱いをしていいというわけではない。ただ、結果としてそういう扱いになってしまっても、のちのちフォローがきくという「安心感」はある)

一方、ブログの記事というのは、基本的には「独り言」だ。
いや、正確に言えば、それも不特定多数の読み手へとの「対話」なのだろうが、正直、書く時点では「読者像」なんてものを明確に描けるわけでもなく、いくぶん気楽である。

でも、その記事に対して、いざAという人やBという人からコメントがつくと、Aさん・Bさんのことをがぜん意識してしまう。
すると、「どうコメントするのが一番いいんだろうか」と頭を悩ますことになる。

とまあ、長々書いたわりには、あまり中身のない話になってしまった感があるけれど、コメント1つ書くのにも、いちおう気をつかっているというわけで。

見えない100人の読者よりも、見える1人の読者を意識してしまう自分が、ときどきイヤになる。
by aru-henshusha | 2005-05-06 16:34 | ネット・コンピュータ