人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

こんな見出しのブログの記事は、読む価値がない。

僕はネタ探しのために、毎日かなりの数のブログの記事の見出しをRSSリーダーでチェックしている。

ただ、そのなかで、実際に記事を読む割合は少ない。
あくまで、自分の興味を引くような見出しがついた記事だけを読んで、ネタにできるかどうか選別している。

ようするに、見出しがつまらない記事は、中身もつまらないというスタンスだ。
(見出しだけ面白くて、中身がつまらない記事もたまにあるが)

じゃあ、どういう見出しの記事が「読む価値がない」のか。
じつは、その具体例をまとめてくれているブログの記事があった(書かれたのはかなり前だけど)。

*こんなブログは読みたくもない
(「他人の不幸は蜜の味」はlivedoorのスパム対策のいいかげんさに愛想を尽かしてseesaaに移転しました。)

この記事の書き手の方があげている例は、以下のとおり。

・テスト
・キタ-------!
・やっと!
・今日の昼食
・○○が上げた!
・今日は
・ブログはじめました!
・今日も雨です
・トラックバック
・~駅に着きました
・今日の試合結果
・**の中心で##を叫ぶ

(解説はリンクを参照のこと)

笑っちゃうぐらい僕の感覚と似ていて、面白い。

もちろん、こういう見出しの記事の中にも、まれに「宝石」が混じっていることもある。
ただ、その大部分は「石」だから、それらの中から宝石をみつけるのは骨が折れる仕事だ。

自分のブログを注目してほしいという人は、上記の見出しは極力避けるべきである。
どんなに面白い記事でも、読んでもらえなければ、意味はない。
by aru-henshusha | 2005-05-19 12:58 | ネット・コンピュータ