人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

社員も、一つの「商品」である。

そろそろ最終回が近くなってきた(200回で終了)高橋がなり氏のブログで、耳が痛い言葉を発見。

#195 - 会社とはこういうものなんですか?

質問者にたいして、がなり氏はこんな言葉をかけている。

会社に雇われているということは、社員といえども、「商品」なんです。ならば、いかに自分に付加価値をつけて、高く売れるかを考えるんです。

いやいや、本当に耳が痛い。

僕の場合は、日々の仕事をこなすのに精一杯で、自分に付加価値をつけるのにまで手がまわってないのが現状だ。

編集者にとって、つくってきた本自体が「価値」を構成する要素だと思うのだけど、そこまでいい本(or売れる本)をどれだけつくってこれたかなぁ。

べつに転職したいというわけではないが、自分をもっと高く売れるように、もっといい仕事をしなければ。

また、そう考えることで、日々の仕事の精度も上がっていくとは思うのだけど。
by aru-henshusha | 2005-05-25 11:03 | 商品・企業・仕事