人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

やりたい企画と、通しやすい企画。

さきほど、今日は嬉しいことがあったと書いたら、複数の方からコメントを頂いてしまった。
いや、べつに大したことじゃないんだけど、せっかくなので、その嬉しさの中身について書いてみたい。

じつは今日、僕が提出していたある本の企画に、上層部から正式に許可がおりた。

書籍の編集者は、企画を立てて通してなんぼの世界なので、それぐらいのことでイチイチ喜ぶなよと思う方もいるだろう。
でも、今回の企画は、僕がどうしてもやりたかった企画なのだ。

前の会社にいたときから感じていたことだけど、企画には「やりたい企画」と「通しやすい企画」がある。
いや、より正確に言えば、その2つにくわえて、「やりたくない企画」と「通しにくい企画」も存在する。

これらの企画を組み合わせると以下のような関係になる。

やりたくて、通しやすい企画  | やりたくないけど、通しやすい企画
――――――――――――――――――――――――――――――
やりたいけど、通しにくい企画 | やりたくないし、通しにくい企画

もちろん、毎回「やりたくて、通しやすい企画」を出せれば、それにこしたことはない。
だけど、自分が「やりたい企画」にかぎって、会社的には「通しにくい企画」だというケースはよくある。
(「通しにくい企画」の条件は様々あるが、たとえば社のカラーに合わないといったこと)

このとき、人によっては「やりたくないけど、通しやすい企画」を出すように方向転換することもある。
あるいは「やりたいけど、通しにくい企画」にこだわって、結果を出せないまま悶々とする人もいる。
どちらも、あまり望ましい状態ではあるまい。

今回の僕の企画は、結果的には「やりたくて、通しやすい企画」の範疇にはいるものだったかもしれない。
それでも、どうしてもやりたい企画だったから、通すための努力は怠らなかった。

自分がやりたい企画をやる。
編集者にとって当たり前のことだけど、その当たり前がこんなにも嬉しいことだとは。

今日の酒は、いつにもまして美味であった。
by aru-henshusha | 2005-06-09 23:34 | 本・出版