人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

プロの物書きの条件。

内田樹のBLOGで、「おやっ」と思う記述を発見。

水の中の池上少年

なんでも、「図書新聞」に1600-2000字で頼まれた書評を、調子に乗りすぎて3600字分書いてしまったらしい。
急ぎの原稿ということもあり、「長くなりすぎたので、活字を小さくして、隅っこに載せてください」とお願いしたそうだ。

そりゃ、予定字数よりはるかに少ないよりは、多いほうがまだいいんだろうけど。
決められた尺のなかで書ききるというのも、プロの条件だと思うのだが。

このブログの左上の写真にあるように「ひとことで言う」のも大事ですぜ。

まあ、あんまりウダウダ言うと、どこかの著者のように、このブログからのトラックバックを禁止してくるかもしれないので、悪口はここまで。
(しかし、ブログで著者に敵を作ってどうするんだ。セルフ営業妨害ですよ)

ちなみに内田さんは、合気道の段位・六段を取得しているとか(1998年1月)。
僕は初段どまりです。負けた。
by aru-henshusha | 2005-01-11 13:53 | 本・出版