人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

セカチューと、堕ちていくということ。

セカチューと、堕ちていくということ。_c0016141_1151152.jpgウケる技術』という、知る人ぞ知る(?)ベストセラーがある。
公式情報によると8万か9万部は出ているらしい。

内容はあまりに異色なので、現物に当たってもらったほうが早かろう。
悪ノリも目立つが、たしかに面白い本ではある。

で、その著者の一人、水野敬也氏のブログ、ウケる日記が面白い。
くわえて、「ウケる」だけでなく、ときおり「考えさせる」内容でもある。

下にリンクした記事で、彼は「世界の中心で愛を叫ぶ」がなぜ売れたのかを分析している。
しかも、巷ではベストセラーの要因と見られた、「タイトル」とか「帯(柴崎コウのコメントつき)」といった要素をあえて除外し、あくまでその内容から、売れた理由を推理してるのだ。

世界の中心で愛を叫ぶ

詳しい内容は記事を見てほしいが、「堕ちる」というキーワードを掲げたのは、まさに慧眼である。

「人間は生き、人間は堕ちる。
そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。」

という坂口安吾の言葉を、なぜか思い出した。
by aru-henshusha | 2005-01-13 12:02 | 本・出版