人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

どんな企画も、カタチになってこそ意味がある。

そんな当たり前のこと言うなよ~と思われる方も多いでしょうが。

最近、見出しに書いたことをよく痛感します。

「EDITOR NAVI」さんの記事にもあるように、企画の進行管理も、編集者の仕事の一つ。
とくに、年末・年度末にはその重要性が増します。

すべての企画が最初の計画通りに原稿が上がり、しかるべき日数で制作できれば、言うことはありません。
でも、現実的にはなかなかそうはいかないんですよね~

著者サイドの作業が進まないこともあれば、こちらの不手際でスムーズに企画が動かないこともある。
ひどい場合は、やむをえない事情により企画を「中絶」することさえあります。

どんなにいい企画であれ、売れそうな企画であれ、それが「カタチ」(ここでは「本」)にならなければ意味がありません。

そこらへんの経験と腕力が、まだまだ自分には足りないです。
by aru-henshusha | 2005-11-12 15:03 | 本・出版