人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「excite世界びっくりニュース」の本に足りないものは、「売るために必要な下品さ」である。

遅ればせながら、さきほど近所のファミマで、excite世界びっくりニュースの本を手に取りました。

で、正直に書くと、手に取ってパラパラ眺めたものの、買いませんでした。

べつに、お金がなかったわけじゃないんです。
そもそも世界びっくりニュースは当ブログでもさんざんネタにしてきたし、そのお礼もこめて買おうと思ってました。

けれど、いまひとつ買う気になれなかったんですよ。
この本、買おうと思うには、何か足りないなぁって。

でも、家に帰って、ネットでこの本のカバーを眺めて、その理由がなんとなくわかった気がする。

この本の表表紙(表1)には、日本語で次の2つのコピーが書かれてます。

・万国えりぬき珍事件・怪人物大集合
・メディアを賑わせなかった珍事件ファイル最新版


これってじつは、言っていることほとんど同じじゃない?
ようは「世界の怪人物・珍事件を集めましたよぉ」ということを、繰り返して言っているわけで。

しかも、それって、『びっくり人間』というタイトルともかぶっているわけですよ。

この2つのコピー、ほとんど「死んで」ません?

僕、前にいた会社で、「雑学」の本をよく作っていました。

「雑学」の本って、正直、あってもなくてもいいものです。
暇つぶしにはなるけど、一生知らなくても困らないネタばかり書いてある。

だからこそ、そういった本を売るには、多少の「下品さ」が必要です。

多少表紙がゴチャゴチャしようが、コピーがくどく感じられようが、「この本は(役に立たないけど)面白い」とか「こういうネタが満載だから、とにかく買ってちょうだいよ」ということをアピールする必要がある。

「excite世界びっくりニュース」の本にも、同じことが言えると思います。
表1にタイトル以外でコピーが2つ入るなら、そこでもっとアピールすること・できることがあったんじゃないかと。

たとえば、本のなかのネタを(オチは載せずに)3本ぐらい箇条書きにして抜き出して<笑激のびっくりネタが***本集合!>なんてあおってみる。

あるいは、有名人ネタが収録されているのを強調して、<あのセレブのゴシップやトップアスリートの珍ニュースが満載>なんてコピーをつけてみる。

センスも品もないコピーですが、少なくても作り手の売りたいという気持ちが、より伝わってくるように僕は思います。

もちろん、僕が長々と書いたことは、あくまで作り手のこだわりに過ぎないのかもしれません。
こんなイチャモンなどどこ吹く風で、この本はバンバン売れるかもしれないし、そうなればなったで一びっくりニュースファンとしては嬉しいです。

ただ、(本のジャンルにもよるけれど)本作りの過程で、「売るために必要な下品さ」というものが、確かに存在すると僕は思っています。

追記:今から取材に出ますので、更新等は帰宅後に。
あと、ここまでネタにしたからには、やっぱりこの本買おうと思います。
近所のファミマにまだ4冊売ってたし。

追記2:本は取材帰りに近所のファミマで買いました。
ネタは面白いと思います(これからの雑学本の「ネタ本」になるでしょう)。
つくりは全体的に「おしゃれ」&「あっさり」で、あとは、この上品さがどう転ぶかだと。
by aru-henshusha | 2005-12-11 14:58 | 本・出版