人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

音楽業界で話題の「マッシュアップ」を、出版業界でも応用してみる。

みなさん、「MASH UP(マッシュアップ)」って知ってますか?
かくいう僕もさっき知ったんですが、「マッシュアップ」とは、音楽業界で話題の技法なんだとか。

“布袋寅泰×リップスライム”!MTV TOYOTA MASH UP PROJECTが始動(CDJournal.com)

“MASH UP”とは、ジャンルの異なるアーティストが互いのヒット曲を持ち寄り、そこから新曲を作り出す、という既存のコラボレートとは少し異なる技法のこと。ユーリズミックス×フェイスレス「Sweet Insomnia」、ジェイ・Z×リンキン・パーク「Numb/Encore」など、海外でも大きな話題を巻き起こしている

なるほどねぇ。
で、この技法を、出版業界でも応用できないかと思ったわけです。

試しに、今年の年間ベストセラーどうしで、「マッシュアップ」してみます。

・『頭がいい人のさおだけ屋はなぜ潰れないのか?』((樋口裕一+山田真哉)
*「頭がいい」から潰れないんでしょう

・『もっと、生きたい…電車男の知恵本』(Yoshi+中野独人+門昌央)
*そうは言っても、ブームは今年限りかと

・『東京タワー 香峯子とボクと、時々、人間革命』(リリー・フランキー、池田大作、主婦の友社編)
*ノーコメント

というわけで、出版業界における「マッシュアップ」はかなり困難なようです。
by aru-henshusha | 2005-12-16 23:17 | 本・出版