人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

太田光による、「THE 有頂天ホテル」のPR効果について。

[映画]太田光、先輩三谷幸喜への屈折した想いを語る。(てれびのスキマ)
*ネタ元:はてブ

この番組、僕も偶然見てたんですよねぇ。

で、最初は太田の「からみ芸」だと思っていたんですよ。
ギャグとして、三谷幸喜にからんでいるのかなと。

でも、視聴者が引くくらい熱く語っているのを見ているうちに、「うわ、この人マジだ」と驚いて。
(最後のほうは、泣いてるんじゃないかと思ったくらいです)

ところで、太田光がどういう気持ち・意図に基づいてこう発言をしたのかはわからないけれど、このやりとりが、結果として「THE 有頂天ホテル」のいいPRになったように感じます。
俺はね、「有頂天ホテル」を夕べ見たときにその学生時代の感覚が甦ってきたんですよ。

学生時代、俺はね、教授とかの悪口とか散々言ってね、嫌われもんだったと。三谷幸喜はきちんとした芝居をやってたと。それが今20年たってね、「有頂天ホテル」見て、どうしても俺は…、ことごとく面白いんだよ、「有頂天ホテル」は。だけど、それが気に入らないわけ! 
僕は三谷幸喜のファンではないけど、太田がここまで嫉妬するぐらい面白いんなら見に行こうかなぁ、と単純にも思ってしまいました。

普通に映画の見所を解説されるよりも、(少なくとも僕にとっては)よっぽど効果があるPRだったなぁ。

もちろん、太田ファン以外には、あまり効果がないのかもしれないけど。
by aru-henshusha | 2006-01-10 11:58 | マスコミ全般