人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

栃木県の女児殺害事件は、解決するのだろうか。

今月初めに、死体発見から2か月が過ぎてしまったけど、解決につながるような情報は見つかっていないもよう。

かろうじて「長野智子blog」にこんな記事が。

栃木県女児殺害事件
(元警視庁刑事の)北芝さんいわく、宮崎勤、小林薫といったこれまでの小児性愛犯罪者は、自分を低く評価する社会への挑戦状として、声明文や携帯電話で写真を送りつけるなど、メッセージを送ってくるのが特徴だったとのこと。

しかし、今回の栃木の事件の場合、遺体発見後、まったくメッセージがない、という違いがある。

北芝さんはその点について、

*必ず発見される遺体の遺棄方法自体が、社会へのメッセージであり、すでに精神的に充足している。
*あるいは、殺害した時点で、ある目的が達成されており、メッセージを送る必要性がない。

という、2つの可能性があるのではと分析している。
これには「ふ~ん」と思ったけど、そもそも犯人が小児性愛犯罪者じゃない場合もあるのかも。
そんなことを言い出すと、ますます犯人をしぼりこめなくなるだろうけど。

ライブドアの事件も大事だとは思うのだけど、この事件も徹底解明してほしい。
解決されなかったときの恐怖と後味の悪さは、かなり大きいと思うので。
by aru-henshusha | 2006-02-03 18:03 | 事件・ニュース