人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

ライブドアパブリッシングは、生き残れるだろうか?

幻冬舎がどうするのかな~と思って、ずっとニュースを見守っているんですが。

ホリエモン本 宴終わって・・・(YOMIURI ON-LINE)
最も大きな影響を受けたのは、ライブドアと幻冬舎グループの合弁会社、ライブドアパブリッシングだ。

書き手の確保が難しくなって2月以降の新刊刊行を見合わせ、堀江容疑者の著書などライブドア関連の既刊6冊は出荷をストップした。


同社は昨年2月、ブログの書籍化などを目的に設立。これまで38冊を刊行し、小規模ながら、ネット時代に対応した新時代の出版社として期待は大きかった。

1周年を前に事業拡張を予定していた親会社の幻冬舎経営企画部は、「書き手や読み手の心を戻すのは難しい。今後、ライブドア自体の責任が問われれば、提携の解消もありうる」と困惑を隠さない。
そもそも、思っている以上に儲かってないと思うんですよね、この会社。

ここの売れ筋って、ライブドア関連本や、かけ算の本だと思うんですが、それ以外の本のほとんどは(リアル書店から類推するに)大惨敗でしょう。

しかも、これからはライブドア関連本は出せないだろうし、普通の書き手は寄り付かない。
素人相手のプライベート出版(いちばん儲かる)だって、この状況でのこのこカモがやってくるとは思えない。
それで新刊刊行まで見合わせたら、八方塞がりじゃないですか。

もともと、「長く売(れ)る本」を作れる会社ではないと思うので、いったん走るのをやめるとかなりキツいと思います。

ライブドアパブリッシングは、生き残れるんでしょうか?
また、生かしておく気が、幻冬舎にはあるんですかね。
by aru-henshusha | 2006-02-03 23:14 | 本・出版