人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「編集者Blogはナゼ滞るのか?」なんて言われてるけど、うちはそうでもないわけで。

まあ、ここで指しているのは、特定媒体の名前を背負ったブログのことなんでしょうけどね。

編集者Blogはナゼ滞るのか?(ITmedia)
所謂、編集者や記者のBlogは更新が滞る事が多いように思えます。

それはナゼか?

1.通常業務が忙しいので書けない。
2.編集後記ノリのヌルイ内容では厳しい批判に晒されるので書けない。
3.特に主義主張がある訳でもなく書くべき事が無いので書けない。
4.給料が増える訳でも講演依頼が来る訳でも無いので馬鹿らしくて書けない。
5.編集長も書いてないから...。
6.怠け者の家系なので...。

適当な理由を無責任に列挙してみましたが、問題なのは「2.」ですね。

優等生的視点で考えると、サイト訪問者とのコミュニケーションはメディアの作り手である編集者や記者にとって貴重な事柄で有る筈ですから、批判的内容が含まれていたとしても、それが行えるBlogは大事にすべきであるように思えます。
そもそも、booplogさんにも書かれているように、媒体名や社名を背負っていると、ヌルイ記事しか書けない場合がほとんどでしょう。
FACTAの編集長ブログなんかは、かなり切り込んでますが)

でも、それは更新できない理由としてはレアなんじゃないかなぁ。

けっきょくは、「忙しい、ネタがない、飽きちゃった」が更新できない三大理由だと思いますけどね。
これは何も、編集者ブログに限ったことではないでしょうけれど。

どんな職業であろうが、どんな環境に置かれていようが、書き続けたい人は書き続ける。
ブログってのはそういうもんだと思います。

ちなみに、うちのブログは始めて一年ほどですが、書いた記事は「2000本」を超えています。
多分、日本で一番更新している編集者ブログかと。

上の記事にあるように通常業務は忙しいし、金ももらえないけど、書いてて楽しい限りは続けますよ。
by aru-henshusha | 2006-02-22 17:27 | ネット・コンピュータ