人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

「売れない著者」の本に、「売れる理由」を考えるのも僕らの仕事である。

「うつうつひでお日記」に見る物書きにとっての恐怖(たけくまメモ)
紀伊国屋の売上げデーターベースとか、取次のデータなんかが会員の版元には閲覧できるらしい。
(中略)
著者としても、具体的なデータで示されると、そりゃ引き下がらざるをえない。たとえどんなに「俺の本は面白いのに」と思っていてもですよ。「売れない」という厳然たる事実の前には説得力を持ちません。しかしその結果、売れる著者の本は優遇されるのでますます売れ、売れない著者の本は、冷遇される以前にそもそも出せない。ということになります。
これはもう竹熊さんのおっしゃるとおりで、実際、「売れない著者」の企画を会議にかけるのは難しい。

こちらがどんなに企画書であおろうが、会議で熱弁をふるおうが、(とくに営業サイドから出る)「この人、最近の著書は売れてないでしょ?」「厳しいと思うよ~」といったデータに基づく声を跳ね返すのにはそれなりの力というか、追い風がいる。

このとき、自分自身が他の本で実績を残していて、「あいつだったらやらせてみるか」といったお墨付きをもらっていれば違う展開にもなるのだろうが、そうでない場合はとにかく「売れる理由」を考えるしかないのだと思う。

・著者がA社で出していた本はテーマへのツッコミが浅かった
→でも、今回はさらに詳しい内容まで踏み込んだ原稿だから、もっと売れる

・そもそも著者がB出版で出していた本は、デーマが時代とずれていた
→でも今回は、流行のテーマで書いてもらう。類書の動きもいいし、この流れに乗っていけば売れる

・C書房で本を出したときの著者はまだまだ無名だった
→でも、あれから著者はメディアにもちょこちょこ出て有名になっている。**というTV番組にもレギュラー出演するらしいし、このタイミングで出せば売れる

こんな感じで、客観的であれ主観的であれ「売れる理由」を考えるのも、僕ら編集者の仕事なのだろう(逆に、これらがまったく思いつかないような著者の本は、やっぱり売れない)。

もちろん、この企画は本当にいいから絶対本にすれば売れます、で話が済めば一番いいのだけど、組織というのは、そんな「曖昧」な理由ではなかなか動かない。

あざといようだけど、いかに「金のニオイ」がするようにアピールするかは重要である。

(版元にとってという意味ではなく、著者にとって)大事なのは、まずは本を出し、市場に真価を問うことなのだから。
by aru-henshusha | 2006-07-08 16:20 | 本・出版